日記

遺伝子検査結果に悶々とする

投稿日:

ジーンライフという遺伝子検査キットで遺伝子検査をした結果をお伝えします。まず、ご覧いただきたいのは遺伝子検査によって出た五角形のグラフ(社会性・慎重性・勤勉性・協調性・開放性の五項目)です。

遺伝子の能力がめちゃくちゃ大きいです!コーンフレークの五角形ぐらい大きいです!落語家なんかやってたら国の損害ではないかと思うレベルです。

次にご覧いただきたいのが性格分析テストと遺伝子検査を比べたグラフです。性格分析テストというのは、いつかの質問に答えて導き出された今現在の自分の能力です。

 

赤いグラフが私の今の能力です。どうなってるのでしょうか、遺伝子が生かされていない!!遺伝子負けしてる。。。特に社会性はどこにいったんですか?成長の過程になにがあったらこんなに遺伝子を裏切ることができるんですか、遺伝子もびっくりですよ。全てにおいて負けている。こんな結果だと、どちらも受け入れがたいです。今の能力もウソだと思いたいし、遺伝子結果もウソ臭い。こんなのやんない方がいいです、お金の無駄です。一万円くらいしたし。

少し考えた結果、これは自分がいけないのではない。親の育て方がいけなかったんだと思い至りました。そこで、親に電話「俺は遺伝子能力高いよ、育て方が悪いんじゃない」と言ったら「君の育ち方が悪いんだよ」と言われました。

 

、、、なるほど!

-日記
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

漫画家に見初められた話

 前座時代24歳~29歳の5年間というのは、師匠宅と寄席と自宅を往復の毎日でした。寄席以外にもたまに「わき」の仕事があります。「わき」の仕事というのは、寄席ではなく落語会に前座として働きに行くことです …

ひとつきの隣人

私が前座時代に住んでいたアパートは2棟あって、私が住んでいた方の棟は1階が2部屋、2階が2部屋の計4部屋でした。私がいたのは1階です。斜め上の部屋には後輩の入船亭ゆう京が住んでいました。 一時、私の隣 …

古今亭志ん松のブログ:挨拶

 古今亭志ん松でございます。以前はライブドアブログ、タンブラーにてブログを書いておりましたが、Wordpressにお引越しです。主に出演情報、落語についてあれこれ書いていきたいと思っております。202 …

自粛で血迷ったか

自粛期間が長引き、何だか様子のおかしい噺家仲間が増えてまいりました。多くの仲間は落語の配信をしたり、ラジオを発信したり、Twitterをやったりしてます。そんな中、違う山に登り始めた愛すべき方々を紹介 …

母の呪い

私の母は本の虫です。時間さえあれば本を読んでいます。さぞかし知識豊富だろうなと思うかもしれませんが、残念なことに母には呪いがかけられおります。読んだ物を端から忘れるという、呪いを。鳥は三歩歩くと忘れる …

落語入門 はてなの落語

テレワーク落語 古今亭を知ってもらおう

9月 2020
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
« 8月   10月 »