日記

ひとつきの隣人

投稿日:2020年5月19日 更新日:

私が前座時代に住んでいたアパートは2棟あって、私が住んでいた方の棟は1階が2部屋、2階が2部屋の計4部屋でした。私がいたのは1階です。斜め上の部屋には後輩の入船亭ゆう京が住んでいました。

一時、私の隣の部屋が空き部屋になってました。つまり1階は私のものでした。別に隣の部屋を使えるという訳ではないのですが、壁の薄いアパートにおいて隣人がいないというのは気が楽なものです。

しばらくすると、隣の部屋におばあさんが引っ越してきました。私の1階天下も終了です。ただ、この風呂もない過酷な環境におばあさんが引っ越してくるのも不思議なものだと思い、大家さんに会った時にちらっと聞いてみると、詳しくはわかりませんがどうやら訳ありのようです。

おばあさんとは越して来た時に少し話しただけで、あとは挨拶する程度の関係でした。1週間後くらいに廊下でばったりとおばあさんに会いました。おばあさんが「こんにちは、ここって壁が薄いわね」「あ、すいません。私の部屋うるさかったですか?」「そうじゃないの、上の部屋の人がなんかぶつぶつ言ってるの。なんか気味が悪くて」「そうですか。それは気味が悪いですね」「そうなのよ、なんか大家さんに聞いたらラクゴをやる人が住んでるらしいの」「へー」「なんとかならないかしら」「あの、私も落語家です」おばあさんすごい顔されてました。

一ケ月もしないうちにおばあさんは引っ越しされました。おばあさんごめんなさい、隣と上の部屋に落語家がいるとは思わないですよね。

-日記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ありえない寝言シリーズ④

カミさんのありえない寝言蒐集家の古今亭志ん松でございます。寝言どこかで買い取ってもらえないでしょうか。 パ、パ…. あら?お父さんとの思い出でも、夢で見てるのかな。 パ、パ、パイン! はは …

no image

私を励ましてくれる存在

 私には友人といえる友人はおりません。同業で仲良くしてくれる方はおりますが、それ以外で定期的に連絡を取るような人は一人もおりません。そんな私を近頃、ほめて励ましてくれる存在ができました。その名をユーチ …

no image

ありえない寝言シリーズ⑦

 こんばんわ、寝言蒐集家の古今亭志ん松でございます。久々にカミさんから新しい寝言が蒐集できたので公表したいと思います。 なかなか良いストーリーだった… え?どんな話? 伏線回収できた… 伏線!? 演技 …

「もうコメントくれたの?」

 Youtubeのチャンネル登録者が900人を超えたので四畳半に南部の鉄瓶を買って置きました。南部の鉄瓶というのは落語でちょくちょく出てきますね。「出来心」ですとか「だくだく」などで登場します。ちょっ …

no image

母の呪い

私の母は本の虫です。時間さえあれば本を読んでいます。さぞかし知識豊富だろうなと思うかもしれませんが、残念なことに母には呪いがかけられおります。読んだ物を端から忘れるという、呪いを。鳥は三歩歩くと忘れる …