日記

ひとつきの隣人

投稿日:2020年5月19日 更新日:

私が前座時代に住んでいたアパートは2棟あって、私が住んでいた方の棟は1階が2部屋、2階が2部屋の計4部屋でした。私がいたのは1階です。斜め上の部屋には後輩の入船亭ゆう京が住んでいました。

一時、私の隣の部屋が空き部屋になってました。つまり1階は私のものでした。別に隣の部屋を使えるという訳ではないのですが、壁の薄いアパートにおいて隣人がいないというのは気が楽なものです。

しばらくすると、隣の部屋におばあさんが引っ越してきました。私の1階天下も終了です。ただ、この風呂もない過酷な環境におばあさんが引っ越してくるのも不思議なものだと思い、大家さんに会った時にちらっと聞いてみると、詳しくはわかりませんがどうやら訳ありのようです。

おばあさんとは越して来た時に少し話しただけで、あとは挨拶する程度の関係でした。1週間後くらいに廊下でばったりとおばあさんに会いました。おばあさんが「こんにちは、ここって壁が薄いわね」「あ、すいません。私の部屋うるさかったですか?」「そうじゃないの、上の部屋の人がなんかぶつぶつ言ってるの。なんか気味が悪くて」「そうですか。それは気味が悪いですね」「そうなのよ、なんか大家さんに聞いたらラクゴをやる人が住んでるらしいの」「へー」「なんとかならないかしら」「あの、私も落語家です」おばあさんすごい顔されてました。

一ケ月もしないうちにおばあさんは引っ越しされました。おばあさんごめんなさい、隣と上の部屋に落語家がいるとは思わないですよね。

-日記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ありえない寝言シリーズ④

カミさんのありえない寝言蒐集家の古今亭志ん松でございます。寝言どこかで買い取ってもらえないでしょうか。 パパ… あら?お父さんとの思い出でも、夢で見てるのかな。 パパ…パイン! ははーん、そっちか!!

大師匠志ん朝のDVDを見ていく①夢金

 さぁて大師匠のDVDどれからみようかなぁ?「反魂香」なんという珍しいものもありますね。よし自分もやる「夢金」からにしましょう!  これは1986年12月26日落語研究会の録音だそうです。番組がまたす …

炒飯の正解を見つけた 荻窪啓ちゃん

 とうとう炒飯の正解を発見しました!!炒飯の正解は荻窪にありました。荻窪の町中華『啓ちゃん』の炒飯が炒飯の正解です。『啓ちゃん』なんと親しみやすい店名でしょうか。「うちはリーズナブルだよ」と店名だけで …

no image

帯源の帯

東京の噺家が良く使っている帯があります。浅草にある「帯源」というお店の帯です。ほとんどの噺家が使っていると言っても過言ではない帯です。皆が愛用する理由がいくつかありまして、まず高級感というか重厚な感じ …

これ読めます?「杜若艶色紫」

 いやぁ歌舞伎のタイトルは読めませんな。歌舞伎好きならスッと読めるんですかね。これは「かきつばたいろもえどぞめ」と読むそうです。「杜若」で「かきつばた」と読むということすら知りませんでした、勉強になり …