日記

ひとつきの隣人

投稿日:2020年5月19日 更新日:

私が前座時代に住んでいたアパートは2棟あって、私が住んでいた方の棟は1階が2部屋、2階が2部屋の計4部屋でした。私がいたのは1階です。斜め上の部屋には後輩の入船亭ゆう京が住んでいました。

一時、私の隣の部屋が空き部屋になってました。つまり1階は私のものでした。別に隣の部屋を使えるという訳ではないのですが、壁の薄いアパートにおいて隣人がいないというのは気が楽なものです。

しばらくすると、隣の部屋におばあさんが引っ越してきました。私の1階天下も終了です。ただ、この風呂もない過酷な環境におばあさんが引っ越してくるのも不思議なものだと思い、大家さんに会った時にちらっと聞いてみると、詳しくはわかりませんがどうやら訳ありのようです。

おばあさんとは越して来た時に少し話しただけで、あとは挨拶する程度の関係でした。1週間後くらいに廊下でばったりとおばあさんに会いました。おばあさんが「こんにちは、ここって壁が薄いわね」「あ、すいません。私の部屋うるさかったですか?」「そうじゃないの、上の部屋の人がなんかぶつぶつ言ってるの。なんか気味が悪くて」「そうですか。それは気味が悪いですね」「そうなのよ、なんか大家さんに聞いたらラクゴをやる人が住んでるらしいの」「へー」「なんとかならないかしら」「あの、私も落語家です」おばあさんすごい顔されてました。

一ケ月もしないうちにおばあさんは引っ越しされました。おばあさんごめんなさい、隣と上の部屋に落語家がいるとは思わないですよね。

-日記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

普段見えないところに

家の近所に今にも店を閉めそうな着物屋があったので、のぞいてみると素敵な反物がありました。ないお金をぶち込んで着物を仕立てました。なかなか気に入っております。 紬(絹っぽいやつ)です、細かい格子柄ですね …

ラーメン断ちをすると良い事がある

 先日ラーメンを断ったことによって仕事が一つなくなったというブログを書きました。しかし、この度とうとうご利益を得ることに成功しました!!  先日落語会などでお世話になっている方から「ラーメン断ってるん …

no image

古今亭 落語協会 総まとめ

意味はないけれど、落語協会のホームページをみて古今亭をまとめてみました。 真打 金原亭伯楽師匠 むかし家今松師匠 五街道雲助師匠  金原亭馬の助師匠 金原亭駒三師匠 吉原朝馬師匠  古今亭志ん橋師匠  …

家がお洒落になりました。

 お客様から素敵なものいただきました!もみじです!部屋においたら、とてもいい感じになりました。秋には紅葉してくれるのでしょうか?隣に鉄瓶を置いてたら、さらによくなりました。お湯を注いでる訳ではありませ …

炒飯の正解を見つけた 荻窪啓ちゃん

 とうとう炒飯の正解を発見しました!!炒飯の正解は荻窪にありました。荻窪の町中華『啓ちゃん』の炒飯が炒飯の正解です。『啓ちゃん』なんと親しみやすい店名でしょうか。「うちはリーズナブルだよ」と店名だけで …