日記

玉の輔師匠に教わった方法で帯を自分で修理しようの巻(帯だけに)

投稿日:2021年5月11日 更新日:

  大概の帯は袋状になっていて、片側が縫い目になっています。繰り返し使うとこの縫い目がほつれてきます。

このようにほつれてきます。帯源の帯は高いだけにこれはもう絶望です、もちろん帯源さんに修理に出すのがベストですが私にはお金がありません!修理に出したことないですが、おそらく1万円ぐらいするはずです。恐ろしいです。

修理は高いな~やだな~怖いな~と稲川淳二さんのようにおそれていると、救世主が現れました。ケンシロウではなく、玉の輔師匠です。玉の輔師匠は帯を自分で直すだけでなく、裏表違う色にしてくっつけるというアレンジまでこなしておりました。楽屋で玉の輔師匠が変わった帯をされているのに気付いた私は師匠にうかがいました。

師匠その帯裏表色が違いますね!?

そうだよ、自分でやったんだよ!裁ほう上手を使うんだよ

どうやら「裁ほう上手」というアイテムで直すそうです。玉の輔師匠は「裁ほう上手」をやたら勧めてきたので、私は心の中で「玉の輔師匠は裁ほう上手の回し者かな?」と思っていたら「俺は裁ほう上手の回し者じゃないぞ!」と言われました。師匠になると心も読めるみたいです。私は早速「裁ほう上手」をAmazonでゲットしました。

なるほど、ボンドです!もうボンドて呼びます。これで貼りつければいいんですね。ただ高価な帯をこんなボンドで直していいのでしょうか?玉の輔師匠の言う事を信じてよいのでしょうか?信じましょう!!与太郎の如く「よ~し俺もやってみよ」と意気込んで裁縫にかかりました。

「へ~帯の中ってこうなってるんだ」とか思いながら、ボンドを塗っていきます。あとは漬物石をのっけて、風通しのいい所で一晩寝かすだけです。

漬物石がなかったので、図書館で借りている本と墨亭の瀧口さんにいただいた落語辞典をのせます。瀧口さんごめんなさい、ちょうど良い大きさだったんです。

あら?なんかヘラがでてきました。このヘラでボンドをのばさなきゃいけなかったのか…。まいっか!一晩経ったので完成です。

う~んあんまり綺麗にくっつかなかったなー。ヘラ使うのを忘れたからかな~。まだまで修業不足のようです。私が帯をきれいに修理できるようになるには、おびただしい時間が必要なようです。帯だけに!!

皆さんはマネをしないように!志ん松は特別な訓練を受けておりません。

-日記

執筆者:

関連記事

no image

ジャニーズに入るかのように

 よくジャニーズの人がジャニーズに入ったきっかけを聞かれた時に「お姉ちゃんが勝手に履歴書送って」とか言いますよね。私の場合うちのカミさんが あ、このお店アルバイト募集してる。君の履歴書を勝手に送ってお …

no image

ありえない寝言シリーズ⑦

 こんばんわ、寝言蒐集家の古今亭志ん松でございます。久々にカミさんから新しい寝言が蒐集できたので公表したいと思います。 なかなか良いストーリーだった… え?どんな話? 伏線回収できた… 伏線!? 演技 …

ハロウィンに路上で酔っぱらっていた若者と一触即発になった話

 昨年ですかね、10/31ハロウィンの日に新宿三丁目で落語会がありました。夕方に会場に着き、さぁ着物に着替えようとしたところ、その会場は狭いため楽屋がないとのこと。世話人さんに「近くのホテルに部屋をと …

no image

ありえない寝言シリーズ④

カミさんのありえない寝言蒐集家の古今亭志ん松でございます。寝言どこかで買い取ってもらえないでしょうか。 パパ… あら?お父さんとの思い出でも、夢で見てるのかな。 パパ…パイン! ははーん、そっちか!!

炎天下に考えなしに歩いたらエライ目にあった

 先日落語協会からのお仕事で、一人で群馬県の伊勢崎市に落語をやりに行きました。 船車券なんてものがあるんですね、初めて知りました! 境町という駅にて下車。なんと無人駅でした!駅員さんがいない時は、ここ …