楽屋噺

漫画家に見初められた話

投稿日:2020年5月17日 更新日:

 前座時代24歳~29歳の5年間というのは、師匠宅と寄席と自宅を往復の毎日でした。寄席以外にもたまに「わき」の仕事があります。「わき」の仕事というのは、寄席ではなく落語会に前座として働きに行くことです。落語会の前座としての仕事は、楽屋働き、高座返し、開口一番などです。落語会後に打ち上げがあり、呼んでいただいたら打ち上げの場でも働くことがあります。

 

 何の落語会の後だったか憶えていないのですが、打ち上げがあり、私も前座として働いておりました。その席に漫画家の先生がおりました、落語の漫画を描いてらっしゃる高名な先生です。その先生から話しかけられ「君はどこに住んでるの?」私は「井の頭です」と答えました。ちょうど連載中の漫画で前座時代を描いているところだったので、何かの参考にしてくれるのかなと思いました。先生に「どんなところに住んでるの、家賃はいくら?」と聞かれたので「風呂なし、トイレ共同で、家賃は2万8千円です」と答えました。

そしたら先生が「うん!君が今まで聞いた前座さんの中で、君が一番生活水準が低いね。取材させてくれ!」と嬉々とした笑顔で言われました。

面倒そうだったのでお断りしました

 

実際は師匠宅を休む訳には行かないという理由でお断りしました。

-楽屋噺
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

花いち兄さん奇天烈列伝④

10年前 志ん松君!僕面白くないよね?どうしたら面白くなるかな?どうしたら売れるかな? いやいや兄さんは面白いですよ!! 7年前 志ん松君!どうしたら面白くなれるかな?どうしたら売れるかな? いや分か …

no image

噺家の言う事を信じるな

楽屋内の有名な話があります。私の師匠志ん橋と、ある前座との会話です。高座を終えた師匠が前座に 上着とっておくれ わかりました! なぜかおもてに駆け出す前座。15分後出前が届き お待たせしました、鰻です …

no image

高座でのハプニング処理

 高座では色んな事が起こります。毎日、色んなお客様がおいでになるので当然といば当然ですが。予期せぬことも、もちろん起こります。そういう時の対処法は二つです。1無視する、2対応する。この二つです。たいて …

no image

猫がいる!?

桂しん乃姉さんの話です。昔二人で池袋演芸場という寄席で前座で働いておりました。高座に上がっていたのは正太郎兄さんです。兄さんは「たいこ腹」をやってました、ちょうど猫に試し針をしようとする場面でした。 …

no image

花いち兄さんの名前の候補を聞くと戦慄をおぼえる

 花いち兄さんの真打の名前が無事に「柳家花いち」のままということに決まりました。一旦決まりかけた名前に「柳家花いちっ」というものがありました。これはこれで、とんでもない名前ですがもう一つ有力な名前があ …

落語入門 はてなの落語

出演情報