楽屋噺

寄席の恐ろしい風習

投稿日:2021年3月29日 更新日:

 寄席には恐ろしい風習があります。噺家はいつ寄席に入るか知らないのです。寄席や落語協会から「この日寄席は入れますか?」というような連絡は一切ないのです。決定事項として顔付けが送られてくるのです。当然入れるでしょ?という感じで。しかも我々二つ目には、その顔付けすら送られてきません。真打の師匠にしか送ってくれません。ですから、師匠宅で確認して初めて寄席に入っていることに気づきます。「あ、来月寄席に入ってる!」みたいな感じで。どうしても他の仕事で入れない時には、あらかじめこちらから落語協会に連絡しておかなければなりません。さすがにトリの師匠には連絡があるようですけれども…。

なかなか恐ろしい風習です、ただ師匠宅に行って顔付けを見る時のドキドキ感が私は好きです。しばらく出られてませんけどね!

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

披露目大初日の写真

披露目の写真をばらまいていく! 幟です。鈴本演芸場は3本かざれます。 大初日、志ん雀師匠はおろしたての着物にて登場。 トリの高座をおさめようとする撮り鉄!口上前の志ん雀師匠。 後ろ幕は雀は五羽、一羽一 …

no image

しあわせの話。

しあわせになれる方法の話ではないです。しあわせという人の話です。「しあわせ」という名前の前座がいたのです。彼は大変に愉快な人だったのですが、噺家は廃業いたしております。彼とは前座時分に色んな思い出があ …

病弱松子会

 昨日は松子会ご来場のお客様まことにありがとうございました!次回は4/28(木)です。年末から年始にかけてお互い何度も体調悪くなってぶっ倒れてるのに、今回は無事に開催できました。 この落語会長いことや …

no image

牡蠣をごちそうになった話。

 師匠に美味しい牡蠣をご馳走になったことがあります。師匠が居酒屋で生牡蠣を頼んで下さって、店員さんがそれを大きな皿で運んできてくれました。 おいおい誰だよ、こんなに頼んだのは? 大きなお皿にのっていた …

no image

噺家の言う事を信じるな

楽屋内の有名な話があります。私の師匠志ん橋と、ある前座との会話です。高座を終えた師匠が前座に 上着とっておくれ わかりました! なぜかおもてに駆け出す前座。15分後出前が届き お待たせしました、鰻です …