日記

バスで出会った社交的少年と小粋な会話をした

投稿日:

 本日小雨の中、傘をさしながらバス停留所でバスを待っていると、小学生らしき少年がトコトコときて私の後ろに並びました。なにやらきょろきょろしながら呟いてます。

今なんじかな~?

ん?今ね5時45分だよ

ありがとうございます!

傘さしてないじゃん、バス待ってる間俺の傘の中入りなよ

ありがとうございます!これから塾行くんです

ん?ああそうなんだ

でも今塾より気になってることがあって、それはバスケです!

あ、そうなの…(めちゃくちゃしゃべりかけてくる!この子は社交的な子だ!こんな陰気なおじさんにすごい会話ふってくる!)。あ、バスきた。じゃ塾頑張ってね。

今塾は週2でバスケはほぼ毎日行ってます。

へ?あうん。(隣に座って会話続けてる!?バスがらがらなのに)

今日は学級委員の副委員長の仕事があったから塾に遅れそう

じゃあ急がなきゃね(何が目的だこの子は!?副委員よ、俺は人見知りがすごいんだ、人前が苦手な噺家なんだ。初対面の人とそんなに会話できん!ましてや年の差がジェネレーションギャップどころじゃないぞ。君とはジェネレーションギャップギャップギャップぐらいあるぞ。俺と話して楽しめるかい?)

今日もバスケです

え?塾じゃないの?

塾が終わってからバスケ

もう夕方なのに大変だね(この子は俺の5倍は活動している!そんな頑張っている子に、碌な相槌も打ててない。情けない!!誰か助けてくれ!)

あ着いた!それじゃ傘に入れてくれてありがとうございました!

とんでもない!(立派な子だこと!)

少年はこちらに深いお辞儀をして、小雨の降る中を小走りで塾に入っていきました。よくあんな立派な大人になりたいという事をいいますが、あんな立派な子供になりたいと思ったのは初めてです。思いがけない出会いに嬉しいやら、情けないやら…。

-日記

執筆者:

関連記事

これ読めます?「杜若艶色紫」

 いやぁ歌舞伎のタイトルは読めませんな。歌舞伎好きならスッと読めるんですかね。これは「かきつばたいろもえどぞめ」と読むそうです。「杜若」で「かきつばた」と読むということすら知りませんでした、勉強になり …

仕事終わりにちゃっかり七年に一度の善光寺御開帳に行ってきた

6/5に長野県ホクト文化ホールにて落語会をやらせていただきました。大変に陽気の良い日曜日にもかかわらず、たくさんのお客様においでいただきました! 立派な高座をつくっていただき、大きなポスターで宣伝して …

母の呪い

私の母は本の虫です。時間さえあれば本を読んでいます。さぞかし知識豊富だろうなと思うかもしれませんが、残念なことに母には呪いがかけられおります。読んだ物を端から忘れるという、呪いを。鳥は三歩歩くと忘れる …

no image

あなたの座右の銘は何ですか?

 皆さんは座右の銘をお持ちでしょうか?私の座右の銘は「逃げの一手」です。ポジティブな逃げです、「逃げ恥」的な。先日カミさんと座右の銘の話になりまして。 座右の銘ある? うーーん 五分ほど熟考した結果 …

サボテンの花を咲かせる祖母

 動物に好かれる人がいるように、植物に好かれる人っていますよね。私は植物に嫌われています。サボテンをいくつ枯らしたことか。しっかりとお世話をしても花を咲かせたことはありませんでした。  亡くなった祖母 …