日記

サボテンの花を咲かせる祖母

投稿日:2021年2月22日 更新日:

 動物に好かれる人がいるように、植物に好かれる人っていますよね。私は植物に嫌われています。サボテンをいくつ枯らしたことか。しっかりとお世話をしても花を咲かせたことはありませんでした。

 亡くなった祖母は、そういう枯らしたサボテンを引き取っては花を咲かせておりました。一切世話をせずに。どう見ても放置して、たまにふぁさーと撫でるだけで花を咲かせるのです。農家のばばあすごいと思いました。

 でも今思えば、サボテン野郎もお世話してやってるぞという人には花を咲かせたくなかったのかもしれません。

-日記

執筆者:

関連記事

ありえない寝言シリーズ②

カミさんのありえない寝言蒐集家の古今亭志ん松でございます。いずれ学会に発表します。 ヨーグルトが陣地に入ってきた。が! そりゃ大変だ!まさかヨーグルトが陣地に入ってくるとは…。「が!」というのは逆説で …

お後がよろしいようで

「お後がよろしいようで」の使い方が気になりますよ!!私は話し言葉なんて、いい加減に使えばよいと思っている人間ですが(噺家の言う台詞ではない)「お後がよろしいようで」は引っかかるのです。  本来は噺家が …

だけど応援してるから!

言いたい放題言って最後に「だけど応援してますから」でチャラにしようとする人いますよね。チャラになってませんよ!そりゃあ好きなこと言って構いませんし、応援をしてくれるというのは大変に嬉しい事ですが。爆撃 …

『働く細胞』と私の細胞

仕事ないのでアマゾンプライムばかり見ています。『働く細胞』というアニメがありまして、前々から見てみたいと思っていました。細胞を擬人化したアニメで、楽しみながらお勉強ができる素晴らしいアニメです。それが …

帯源の帯

東京の噺家が良く使っている帯があります。浅草にある「帯源」というお店の帯です。ほとんどの噺家が使っていると言っても過言ではない帯です。皆が愛用する理由がいくつかありまして、まず高級感というか重厚な感じ …

落語入門 はてなの落語

出演情報