楽屋噺

こんなことある?「松曳き」をやった後に起きた珍事

投稿日:

 先日「松曳き」という落語をやった際に起きた珍事?と言っていいのか分かりませんが、起きた出来事を紹介いたします。

 松曳きという落語は粗忽な人間が出てくる噺です。そそっかしいお殿様と、そそっかしいご家来の田中三太夫さんの出てくる噺です。三太夫さん宛に届いた「御貴殿お姉上様御死去」という手紙を、三太夫さんが勘違いして「御殿お姉上様御死去」と間違えてお殿様に報告してしまうという内容です。

 もう意気揚々と「松曳き」をやり終えた私は、お帰りなるお客様をお見送りをしておりました。そのお客様の中に年配の男性がいらっしゃいまして、何やら大変に慌てた様子でお電話している方がおりました。あまりにうろたえている様なので

 

どうされまし
た?

実家から電話があって姉が亡くなったんだよ

え!?あ、あのなんかすみません……

大きな声でもって「お姉上様御死去!!」と叫んでいた自分が恥ずかしく、また大変に申し訳ないことしてしまったと思いました。救いは、その方のお姉さんはかなりの高齢でもって大きな病気でもなく老衰での大往生だったことです。もちろん意図した事ではないのですが、色々気を付けなければならないと考えた日でした。

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

にぎわい座白酒師匠の会とど冷えもん

 昨日にぎわい座にて白酒師匠の落語会「白酒ばなし」に出演させていただきました。ちょっと早めに桜木町に着いたのでぶらぶらしているとピザの自販機を発見しました。 ど冷えもん(どひえもん)だそうです。わざわ …

no image

花いち兄さん奇天烈列伝④

10年前 志ん松君!僕面白くないよね?どうしたら面白くなるかな?どうしたら売れるかな? いやいや兄さんは面白いですよ!! 7年前 志ん松君!どうしたら面白くなれるかな?どうしたら売れるかな? いや分か …

no image

先輩の陰口を叩いてたらやさしい天罰をくらった北海道

  2~3年前に北海道に二つ目5~6人で行くお仕事がありました。一番先輩が一蔵兄さんでした。一蔵兄さんをご存知の方はジャイアンみたいな人だと思ってるかもしれませんが、本当はとても繊細な心を持った人です …

no image

ふう丈近い近い近い!!

三遊亭ふう丈という後輩は人との距離感がわからない人間です。精神的にも物理的にも、距離感が近いのです。広い楽屋で二人しかいないのに、隣に膝つき合わせて座ったりします。あれ?ここってお茶室かなって思うほど …

さがみはら落語家選手権王者の吉緑さんと遭遇

 昨日落語協会にで吉緑さんと遭遇しました。 さがみはらおめでとう! ありがとうございます! 吉緑さんは心なしかキラキラしておりました。 今日は協会に何か用? 自分にお祝いで道明の羽織紐を買うのに、近く …