楽屋噺

こんなことある?「松曳き」をやった後に起きた珍事

投稿日:

 先日「松曳き」という落語をやった際に起きた珍事?と言っていいのか分かりませんが、起きた出来事を紹介いたします。

 松曳きという落語は粗忽な人間が出てくる噺です。そそっかしいお殿様と、そそっかしいご家来の田中三太夫さんの出てくる噺です。三太夫さん宛に届いた「御貴殿お姉上様御死去」という手紙を、三太夫さんが勘違いして「御殿お姉上様御死去」と間違えてお殿様に報告してしまうという内容です。

 もう意気揚々と「松曳き」をやり終えた私は、お帰りなるお客様をお見送りをしておりました。そのお客様の中に年配の男性がいらっしゃいまして、何やら大変に慌てた様子でお電話している方がおりました。あまりにうろたえている様なので

 

どうされまし
た?

実家から電話があって姉が亡くなったんだよ

え!?あ、あのなんかすみません……

大きな声でもって「お姉上様御死去!!」と叫んでいた自分が恥ずかしく、また大変に申し訳ないことしてしまったと思いました。救いは、その方のお姉さんはかなりの高齢でもって大きな病気でもなく老衰での大往生だったことです。もちろん意図した事ではないのですが、色々気を付けなければならないと考えた日でした。

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

no image

中国に旅立った後輩の話

 二つ目になって早々に、中国を半年かけて回った後輩の話です。 兄さん、僕中国に半年くらい行ってこようと思います。 え!?そうなんだ。  後輩のチャレンジを否定することは、先輩としてやってはいけないこと …

病弱松子会

 昨日は松子会ご来場のお客様まことにありがとうございました!次回は4/28(木)です。年末から年始にかけてお互い何度も体調悪くなってぶっ倒れてるのに、今回は無事に開催できました。 この落語会長いことや …

no image

寄席の恐ろしい風習

 寄席には恐ろしい風習があります。噺家はいつ寄席に入るか知らないのです。寄席や落語協会から「この日寄席は入れますか?」というような連絡は一切ないのです。決定事項として顔付けが送られてくるのです。当然入 …

漫画家に見初められた話

 前座時代24歳~29歳の5年間というのは、師匠宅と寄席と自宅を往復の毎日でした。寄席以外にもたまに「わき」の仕事があります。「わき」の仕事というのは、寄席ではなく落語会に前座として働きに行くことです …

no image

しあわせの話②馬鹿寄合酒

前座の大事な仕事の一つがネタ帳を書くことです。落語家はネタ帳を見てやるネタを決めるからです。二つ目などの若手は前座に気をつかい、高座にあがる前にネタを宣言してあがることがあります。前座は忙しいので、高 …