楽屋噺

落語界のときわ荘

投稿日:2020年5月15日 更新日:

柳家花いち、古今亭志ん松、入船亭遊京の3人が前座時代に住んでいたアパートを『落語界のときわ荘』と呼んでいます。自分達で。風呂なし、トイレ共同、家賃2万8千円。本物のときわ荘と違うのは誰も有名になっていないところです。何しろ切磋琢磨しませんでした、夜な夜ないただいたお酒を飲んでいただけです。

なぜ3人の噺家が一つ所に住んでいたかと言うと、まず最初の住人が花いち兄さんです。噺家になるにあたり、静岡から上京し、井の頭の安アパートに行き着きます。次に遊京が愛媛から、同じく噺家になるため上京しこのアパートに行き着きます。この間、二人に面識は全くございません。偶然同じ住処に行き着いた訳です。遊京が越してきた一ヶ月後、花いち兄さんが別のアパートに越すことになりました。志ん松は千葉県から1時間半かけて師匠宅に通ってました。それを見かねた花いち兄さんが、自分が越して空いた井の頭アパートを紹介してくれたので、入れ替わるように私が入居しました。つまり、遊京が入居後一ヶ月して花いち兄さんが去り、志ん松が入居です。ということで、正確には3人で住んでいた訳ではないです。花いち兄さんはすでにいませんでした、兄さんは50メートル先に越して行きました。

入居の際花いち兄さんから「なんか扇遊師匠の見習いがいるみたい」と言われました。まだ、面識がなかったようです。これから志ん松と遊京は5年以上ここに住むことになります。ちなみに、遊京と私は師匠のお宅が同じ駅です。偶然とは、恐ろしいものです。

 

落語会のときわ荘はこんなところ

-楽屋噺
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高座でのハプニング処理

 高座では色んな事が起こります。毎日、色んなお客様がおいでになるので当然といば当然ですが。予期せぬことも、もちろん起こります。そういう時の対処法は二つです。1無視する、2対応する。この二つです。たいて …

no image

しあわせの話。

しあわせになれる方法の話ではないです。しあわせという人の話です。「しあわせ」という名前の前座がいたのです。彼は大変に愉快な人だったのですが、噺家は廃業いたしております。彼とは前座時分に色んな思い出があ …

no image

歩く現代アートは着物で歩く

先日歩く現代アートこと桂しん乃姉さんと花いち兄さんの勉強会に呼んでいただきました。この二人が勉強会をしているというのもすごい事です。筆と硯を使ってプログラミングの勉強をするようなものです。 その会に姉 …

no image

中国から帰ってきた後輩の話。

 二つ目になって早々、中国を半年間旅した後輩の話です。彼は無事に帰国し、中国の経験を面白おかしく漫談に仕立て上げ「中国漫遊記」として高座で披露し、好評を得ていました。その時分に妙なことを口走るようにな …

no image

大須という町は上野と浅草と秋葉原を足して台湾でかき混ぜたような町だ②

 大須にもアメ横があります。あら?ここは上野だったかしらという心持ちになります。 そうかと思うと このアーケードがなんとも浅草の雰囲気があるのです、近くには浅草寺ならぬ大須観音もありますし。観光地+ア …