日記

落語界のときわ荘

投稿日:2020年5月15日 更新日:

柳家花いち、古今亭志ん松、入船亭遊京の3人が前座時代に住んでいたアパートを『落語界のときわ荘』と呼んでいます。自分達で。風呂なし、トイレ共同、家賃2万8千円。本物のときわ荘と違うのは誰も有名になっていないところです。何しろ切磋琢磨しませんでした、夜な夜ないただいたお酒を飲んでいただけです。

なぜ3人の噺家が一つ所に住んでいたかと言うと、まず最初の住人が花いち兄さんです。噺家になるにあたり、静岡から上京し、井の頭の安アパートに行き着きます。次に遊京が愛媛から、同じく噺家になるため上京しこのアパートに行き着きます。この間、二人に面識は全くございません。偶然同じ住処に行き着いた訳です。遊京が越してきた一ヶ月後、花いち兄さんが別のアパートに越すことになりました。志ん松は千葉県から1時間半かけて師匠宅に通ってました。それを見かねた花いち兄さんが、自分が越して空いた井の頭アパートを紹介してくれたので、入れ替わるように私が入居しました。つまり、遊京が入居後一ヶ月して花いち兄さんが去り、志ん松が入居です。ということで、正確には3人で住んでいた訳ではないです。花いち兄さんはすでにいませんでした、兄さんは50メートル先に越して行きました。

入居の際花いち兄さんから「なんか扇遊師匠の見習いがいるみたい」と言われました。まだ、面識がなかったようです。これから志ん松と遊京は5年以上ここに住むことになります。ちなみに、遊京と私は師匠のお宅が同じ駅です。偶然とは、恐ろしいものです。

 

落語会のときわ荘はこんなところ

-日記
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

母の呪い

私の母は本の虫です。時間さえあれば本を読んでいます。さぞかし知識豊富だろうなと思うかもしれませんが、残念なことに母には呪いがかけられおります。読んだ物を端から忘れるという、呪いを。鳥は三歩歩くと忘れる …

美智先生の志ん朝師匠の話

美智先生ゲストの「古今亭を知ってもらおう」永久保存版だと思ったので、箇条書きでトークまとめました。永久保存版と言いつつ10日間しかみられないのでお早めに!   ①古今亭の色物第一号 ②志ん朝師匠と美智 …

遺伝子検査結果に悶々とする

ジーンライフという遺伝子検査キットで遺伝子検査をした結果をお伝えします。まず、ご覧いただきたいのは遺伝子検査によって出た五角形のグラフ(社会性・慎重性・勤勉性・協調性・開放性の五項目)です。 遺伝子の …

古今亭志ん松のブログ:挨拶

 古今亭志ん松でございます。以前はライブドアブログ、タンブラーにてブログを書いておりましたが、Wordpressにお引越しです。主に出演情報、落語についてあれこれ書いていきたいと思っております。202 …

自粛で血迷ったか

自粛期間が長引き、何だか様子のおかしい噺家仲間が増えてまいりました。多くの仲間は落語の配信をしたり、ラジオを発信したり、Twitterをやったりしてます。そんな中、違う山に登り始めた愛すべき方々を紹介 …

落語入門 はてなの落語

テレワーク落語 古今亭を知ってもらおう

9月 2020
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
« 8月   10月 »