出演情報

落語会紹介:同期の秘め事

投稿日:

自主興行の落語会を紹介しようのコーナーです。今回は『同期の秘め事♡』です。正式タイトルは♡が付くみたいです。「春風亭ぴっかり☆」姉さんの名前と一緒で、あってもなくてもオッケーです。この落語会は、まぁ良くある同期の勉強会です。上から「柳家花ごめ」「古今亭志ん松」「春風亭朝之助」「古今亭始」の四人の落語会です。

柳家花ごめ

紅一点、女性の噺家です。華やかさはまったくございません、この生き馬の目を抜く落語の世界において、森の中をピクニックしているような様子の森ガールです。その実、中身はホラー映画と人間椅子(バンド)が好きというやべぇ奴です。淡々と紡ぐ諧謔性のあるマクラがおすすめです。

古今亭志ん松

私です、私。人と関わらないように、離島の図書館司書を目指していたら、なぜか落語家になっていたしょうもない人間です。座右の銘は「逃げの一手」。司書を目指してたくせに最近はまったく本を読まず、Amazonプライムで動画ばかりみております。おすすめはアニメの「刻々」!

春風亭朝之助

なんかいつもはぁはぁ言ってる人。いつも一生懸命動き回っておりますが、落語は一切頑張っていない人(ネタを増やさないという意味で)。最近は子供が生まれて、マクラもTwitterも子供の話しかしません。パパタレを目指してるんだと思います。耳をつんざく程の元気な高座が魅力的です。

古今亭始

バイタリティーとビールを原料に動くブリキです。とにかく行動力があり、それがお正月の凧揚げのように空回りして報われない様子は芸人の悲哀を感じさせます。明るく陽気なパーリーピーポーです、もといパーリーブリキーです。耳をつんざく程の元気な高座が魅力です。

この落語会はゴリゴリの勉強会です、タイトルのようなポップさはありません。トークすらないので、ひたすら四席聞くだけです。しかも覚えたての噺を、時間にして2時間近く聞くという地獄のように熱い落語会です。唯一、誇れるのは毎月休まずやっていることです。次回は57回目、コロナの間も配信で休まず。もう意地で維持しています!うまい!ということで是非おいで下さい。

次回は配信です

-出演情報

執筆者:


  1. hiro-rin より:

    なんとなく書き込みます。早くスタンプまた集めたいです。
    でも、今、新宿は高齢者にとって厳しい場所ですね。新宿駅に近寄ること自体家族から反対されます。
    確か、以前、打ち上げをやりかけて止めたことがあったと思いますが、私はいつか是非やって欲しいと思います。常連のスタンプコレクターの方々もそう思っているのではないでしょうか?

    • kokonteishinmatsu より:

      コメント気づくの遅くてすいませんでした!我々も状況に対応していかなくてはならないので、落語会開催も悩みどころです。配信も検討しておりますので、ぜひご覧ください。打ち上げもみんなと相談してみます。たぶん、大分先にはなると思いますが、、。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テレワーク落語「古今亭をしってもらおう」 根多まとめ

テレワーク落語「古今亭を知ってもらおう」が12回目を迎えようとしておりますので、これまでに出たネタをまとめてみたいと思います。 第一回ゲスト古今亭駒治師匠 始 長屋の花見 志ん松 花見酒 駒治 ビール …

松子会 向じま墨亭

松子会を開催している「向じま墨亭」について紹介します。落語をやる場所は寄席を始め色々な所がありますが、やはり雰囲気が大事です。あと距離です、近い方が絶対楽しいです!昔噺家になる前に、小三治師匠を松戸市 …

落語会紹介:松子会

今、自分でやっている落語会を紹介します。松子会はデラックスな人はでてきません。志ん松となな子による落語会です。なな子が二つ目になってから、すぐに始めたので4~5年やってます。なな子というのは大変に陽気 …

美智先生の志ん朝師匠の話

美智先生ゲストの「古今亭を知ってもらおう」永久保存版だと思ったので、箇条書きでトークまとめました。永久保存版と言いつつ10日間しかみられないのでお早めに!   ①古今亭の色物第一号 ②志ん朝師匠と美智 …

テレワーク落語

 3.4.5月とコロナウイルスの影響で落語会が一切なくなりました。まぁいいでしょう。元からそんなになかったので。ということで、私は霞を食べる生活をはじめたのですが、同期の落語家古今亭始(ここんていはじ …

落語入門 はてなの落語

テレワーク落語 古今亭を知ってもらおう

9月 2020
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
« 8月   10月 »