日記

柳家圭花のこと

投稿日:

 私が好きな噺家のことを書いていきます、何の許可も得ていないので、主に二つ目の仲間について書きます。師匠方のこと書いて怒られるのはイヤなので。柳家圭花は私の1~2年後輩の噺家です。風貌は「先ほど出所してきました!」という様子です。常に坊主頭で背は高く痩せ型なので、おそらく空腹の果ての食い逃げで捕まっていたのでしょう。その風貌とは裏腹に学生時代はサッカーがとても上手かったらしいです、なんかの代表に選ばれる程なんか上手かったそうです。

前座時代はそつなく何でもこなす人で、大きなしくじりをした所は見た事ありません。前座の時のことで思い出すのは、鼻水を垂らして、真っ赤な顔してるのに「風邪じゃないです」と言い張ってたことです。何回かそういうことがあったのに決して風邪を認めません。元気な小三くらいに風邪を認めません。それどころか「風邪をひいたことがない」と言ってました。とても強情です。

彼はSNSを一切やりません。ですから、ネットの情報でしか落語家を見ていない人には、あまり知られていないかもしれません。話はそれますが、本やネットの「おすすめの落語家」なんというものに惑わされちゃあいけません。自分の価値観と相談するのが一番です。みんなが好きなものを自分が好きとは限りませんので。特に落語なんというマイナーゲームで人と足並み揃えてもしょうがないです。

では、私がなぜ圭花が好きかというと、自分ができないことができるのです。私達は落語家という商売をしています、自分の趣味嗜好とは関係なく商売に徹する場面が多くあります。例えば、地方に行ったら分かりやすい落語をやったりします。圭花はそんなことしません。地方で『樟脳玉』やります。『樟脳玉』という落語知っている人少ないと思います。私だって良く知りません。そういう珍品を当然のごとくやる人なのです。「どう?珍しいでしょ?」という感じでもないのです。普通にやるのです。しかも、圭花はそれを地元の同級生の前でやったりします。一度、産婦人科の仕事で赤ん坊とお母さん達の前で『高田馬場』やってるの見たことあります。お客さんにおもねるということをしないのです。寄席で「分かりやすいのがいいですよね」と言って『狸釜』やってました。もしかしたら、お客さんに合わせないのではなく、ただの狂人かもしれません。

どちらにせよ、私たち落語家の多くが右左と選ぶところを、彼はためらいもなく真っつぐ行くのです。そこには絶対に風邪を認めようとはしない強情さとは違う、清々しさのようなものを感じるのです。

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブルーインパルスとからぬけ

1の付く日は師匠宅に行きます。先日の21日は私と兄弟子の志ん丸師匠がおりました。志ん丸師匠が「もうじきブルーインパルスが飛ぶよ」とのことなので、近くの公園に師匠を含めた三人で参りました。炎天下の中…。 …

no image

ありえない寝言シリーズ⑦

 こんばんわ、寝言蒐集家の古今亭志ん松でございます。久々にカミさんから新しい寝言が蒐集できたので公表したいと思います。 なかなか良いストーリーだった… え?どんな話? 伏線回収できた… 伏線!? 演技 …

no image

今年の漢字予想

 あけましておめでとうございます、本年も何卒宜しくお願い致します。今年初高座で「あけましておめでとうございます」を噛んだ古今亭志ん松でございます。それ以来仕事がないので盆栽を愛でる毎日です。 暇なんで …

no image

玉の輔師匠に教わった方法で帯を自分で修理しようの巻(帯だけに)

  大概の帯は袋状になっていて、片側が縫い目になっています。繰り返し使うとこの縫い目がほつれてきます。 左が縫い目のない方です。右が縫い目のある方です。このようにほつれてきます。帯源の帯は高いだけにこ …

no image

私を励ましてくれる存在

 私には友人といえる友人はおりません。同業で仲良くしてくれる方はおりますが、それ以外で定期的に連絡を取るような人は一人もおりません。そんな私を近頃、ほめて励ましてくれる存在ができました。その名をユーチ …

落語入門 はてなの落語

出演情報