日記

柳家圭花のこと

投稿日:

 私が好きな噺家のことを書いていきます、何の許可も得ていないので、主に二つ目の仲間について書きます。師匠方のこと書いて怒られるのはイヤなので。柳家圭花は私の1~2年後輩の噺家です。風貌は「先ほど出所してきました!」という様子です。常に坊主頭で背は高く痩せ型なので、おそらく空腹の果ての食い逃げで捕まっていたのでしょう。その風貌とは裏腹に学生時代はサッカーがとても上手かったらしいです、なんかの代表に選ばれる程なんか上手かったそうです。

前座時代はそつなく何でもこなす人で、大きなしくじりをした所は見た事ありません。前座の時のことで思い出すのは、鼻水を垂らして、真っ赤な顔してるのに「風邪じゃないです」と言い張ってたことです。何回かそういうことがあったのに決して風邪を認めません。元気な小三くらいに風邪を認めません。それどころか「風邪をひいたことがない」と言ってました。とても強情です。

彼はSNSを一切やりません。ですから、ネットの情報でしか落語家を見ていない人には、あまり知られていないかもしれません。話はそれますが、本やネットの「おすすめの落語家」なんというものに惑わされちゃあいけません。自分の価値観と相談するのが一番です。みんなが好きなものを自分が好きとは限りませんので。特に落語なんというマイナーゲームで人と足並み揃えてもしょうがないです。

では、私がなぜ圭花が好きかというと、自分ができないことができるのです。私達は落語家という商売をしています、自分の趣味嗜好とは関係なく商売に徹する場面が多くあります。例えば、地方に行ったら分かりやすい落語をやったりします。圭花はそんなことしません。地方で『樟脳玉』やります。『樟脳玉』という落語知っている人少ないと思います。私だって良く知りません。そういう珍品を当然のごとくやる人なのです。「どう?珍しいでしょ?」という感じでもないのです。普通にやるのです。しかも、圭花はそれを地元の同級生の前でやったりします。一度、産婦人科の仕事で赤ん坊とお母さん達の前で『高田馬場』やってるの見たことあります。お客さんにおもねるということをしないのです。寄席で「分かりやすいのがいいですよね」と言って『狸釜』やってました。もしかしたら、お客さんに合わせないのではなく、ただの狂人かもしれません。

どちらにせよ、私たち落語家の多くが右左と選ぶところを、彼はためらいもなく真っつぐ行くのです。そこには絶対に風邪を認めようとはしない強情さとは違う、清々しさのようなものを感じるのです。

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自粛で血迷ったか

自粛期間が長引き、何だか様子のおかしい噺家仲間が増えてまいりました。多くの仲間は落語の配信をしたり、ラジオを発信したり、Twitterをやったりしてます。そんな中、違う山に登り始めた愛すべき方々を紹介 …

ひとつきの隣人

私が前座時代に住んでいたアパートは2棟あって、私が住んでいた方の棟は1階が2部屋、2階が2部屋の計4部屋でした。私がいたのは1階です。斜め上の部屋には後輩の入船亭ゆう京が住んでいました。 一時、私の隣 …

漫画家に見初められた話

 前座時代24歳~29歳の5年間というのは、師匠宅と寄席と自宅を往復の毎日でした。寄席以外にもたまに「わき」の仕事があります。「わき」の仕事というのは、寄席ではなく落語会に前座として働きに行くことです …

志ん松のWikipedia

    人物の欄 『師匠・志ん橋の新車をぶつけたことがある』   どーゆー人物なんですか!!新車をぶつけがちな性格ってこと?「師匠!また新車ぶつけちゃいました」なんて奴はもう破門になってます!大体、何 …

遺伝子検査結果に悶々とする

ジーンライフという遺伝子検査キットで遺伝子検査をした結果をお伝えします。まず、ご覧いただきたいのは遺伝子検査によって出た五角形のグラフ(社会性・慎重性・勤勉性・協調性・開放性の五項目)です。 遺伝子の …

落語入門 はてなの落語

テレワーク落語 古今亭を知ってもらおう

12月 2020
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
« 11月   1月 »