楽屋噺 落語会

北とぴあ若手落語家競演会楽しかった

投稿日:

 

先日北とぴあ若手落語家競演会がありました、大変に楽しゅうございました。くじ引きの結果一番手が鷹治さん、二番手が吉緑さん、三番手が鯉白さん、四番手がつる子さん、五番手が竹千代さん、トリが志ん松でした。

 

鷹治さん

 貫禄がすごいですね、挨拶するまで中堅真打だと思っておりました。高座もどっしりとした、堂々してらっしゃいました。顔は愛嬌があるのに、紋付袴姿というのがまた好感が持てていいですよね。ネタも「能狂言」という私が知らないネタ。難しそうなネタなのに、なおかつ一番手なのにすごいウケてました!

吉緑さん

 さがみはらも優勝してノリにのっている吉緑さん。楽屋でもパーパー調子よくしゃべっててうるさかったです。地噺の事を漫談と言って、竹千代さんに怒られてました。私は着替えていたので、高座を全部見ることができなかったのですが、お客様の笑い声はすごい聞えてきました。身体が大きいので、高座も迫力があります。「天狗裁き」をやっていたので、きっとダイナミック天狗が出てきたのでしょう。

鯉白さん

 衝撃的におもしろかったです!遊京という後輩に「鯉白さんは面白い」と聞いていましたが、想像以上でした。遊京の話だと、ヘンテコな感じの落語をイメージしておりましたが、今回はすごいしっかりした新作でした。ちょいちょい気持ち悪いところはありましたが、それがいいスパイスでとても面白かったです。私は新作を聞いていると、誰が誰だか分かんなくなってしまうので苦手なんですが、鯉白さんの「なぐらない」は登場人物が二人なので分かりやすく、展開もあって動きもあって、とても楽しかったです!また無駄に美声です、あの風貌から美声が出ると思うとさらに面白いです。

つる子さん

 中入りを挟んで皆大好きつる子さん、もう出てくるだけで華やかですから!また、大得意の「お菊の皿」を鳴り物入りでやって、お客席をワーキャー言わせて沸かせておりました。みんなでなんとか鳴り物の邪魔をしようと、前座の辰じろさんが太鼓を入れるタイミングでお茶を頼んだりしようとしましたが失敗に終わりました…。

竹千代さん

 すごい勢いでした!吉緑と一緒に「あんな勢いある地噺やる二つ目落語協会にいないよ、圓歌師匠みたいだよ」と驚いちゃいました。北区のことやここまでの演目のことも入れながら当意即妙に展開させていき、この日一番ウケていたと思います!あんなのできたら、どこ行ってもお客さん喜ばせることができるだろうと羨ましかったです。

志ん松

 無理無理無理!この人達の後にあがってやることないよーと思っておりました。でも逃げる訳にもいかないので、ちょっと毛色の違うことやろうと「夢金」をやりました。出囃子を雪音にしたり、羽織をケンカ結びにしたりと小賢しい事を色々やって、あんまりハマらなかったので余計恥ずかしいです

今回大変にバラエティーに富んだ番組となったので、お客様には喜んでいただいたのではないでしょうか。楽屋で「このメンバーで興行やって欲しいね」と話しておりました、大変に楽しい落語会でした!

神すら味方につける吉緑さん

-楽屋噺, 落語会

執筆者:

関連記事

池袋演芸場中席始まりましたよ

志ん松の出演日は5/11〜5/14.5/20でございます。ご来場お待ちしております。前座のまめ菊さんがこの池袋で前座卒業とのことです、最後の前座姿をご覧においでください!! 夜の部の鉄平師匠の字が「金 …

同期の秘め事名場面集

 先日5/12に行われた同期の秘め事という、同期四人の名場面集を解説付きでお送りいたします。 古今亭始 先輩に「ビールもう一杯呑んでもいいですか?」と言ってる場面ですね。 「この桜の下に死体が埋まって …

披露目の写真館

左は頭が薄くなってるのを隠している志ん雀師匠です。右は幕をいただいたテアトルエコーさんの前で師匠と志ん雀師匠。 品の良いお坊さん!

no image

先輩の陰口を叩いてたらやさしい天罰をくらった北海道

  2~3年前に北海道に二つ目5~6人で行くお仕事がありました。一番先輩が一蔵兄さんでした。一蔵兄さんをご存知の方はジャイアンみたいな人だと思ってるかもしれませんが、本当はとても繊細な心を持った人です …

同期の秘め事vol.80

昨日は同期の秘め事ご来場のお客様、ご視聴のお客様まことにありがとうございました!次回は6/13(月)ネタ出し春風亭朝之助『竹の水仙』でございます。次々回は7/20(水)ネタ出し古今亭始『品川心中』の予 …