日記

上野駅公園口はもはや私の知っている公園口ではないと思ったら、私の知っている公園口だった

投稿日:2021年5月18日 更新日:

 先日上野駅の公園口に行くことがありまして、久々に公園口に行ったら驚きました。すっかり様子が変わってしまっていたのです。

駅前にあった道路はなくなって美術館通りまでの道がきれいに舗装され、いい感じに木とベンチが並べられてました。ちょっとみない内に、こんなに立派になられて。

そのきれいなベンチに、お酒を飲んでいるおじさんが一人いました。いわゆる、という概念に縛られない系の方です。地球が家みたいな。そのおじさんに向かって歩いてくる、おじさんがいまして。このおじさんも同じような雰囲気です。どうやら顔なじみの様で、お互いニコニコしています。近づいてきたおじさんの一言目が大変に良かったです。

おう、どうした?

金かしてくれぃ~~~

上野駅公園口は今も昔も変わっておりません!!

公園口前のコンビニにはこんな絵葉書が売ってました。

現実にいそうでいない、誰でもない落語家の絵葉書。

-日記

執筆者:

関連記事

ふぐをご馳走になる方法

 先日お世話になっている方に、同期の古今亭始と一緒にフグをご馳走になりました!!フグなんてもう顔を忘れておりましたので、大変に嬉しかったです。なぜフグをご馳走になれたかと言うと、始が『ふぐ鍋』という落 …

no image

「てしかが」の思い出

 私達は地方の仕事を「旅」と呼びます。たとえ、すぐに帰るような仕事でも「旅」と言います。もう今やコロナでめっきりなくなってしまいましたが。日本中行かせていただきました、北海道にも行ったことがあります。 …

年賀状は出しません

私は年賀状をだしておりません。師匠志ん橋も年賀状というものを出しません。その真似をしております。年賀状を出さずに立春大吉というものを出しております。年賀状代わりですね。師匠が立春大吉というものを出して …

母の呪い

私の母は本の虫です。時間さえあれば本を読んでいます。さぞかし知識豊富だろうなと思うかもしれませんが、残念なことに母には呪いがかけられおります。読んだ物を端から忘れるという、呪いを。鳥は三歩歩くと忘れる …

大師匠志ん朝のDVDを見ていく①夢金

 さぁて大師匠のDVDどれからみようかなぁ?「反魂香」なんという珍しいものもありますね。よし自分もやる「夢金」からにしましょう!  これは1986年12月26日落語研究会の録音だそうです。番組がまたす …