日記

ふぐをご馳走になる方法

投稿日:2022年4月10日 更新日:

 先日お世話になっている方に、同期の古今亭始と一緒にフグをご馳走になりました!!フグなんてもう顔を忘れておりましたので、大変に嬉しかったです。なぜフグをご馳走になれたかと言うと、始が『ふぐ鍋』という落語をやった時に、私が隣にいたからです。持つべきものは隣で『ふぐ鍋』をやってくれる同期ですね。

 食べ始めを皆で「どうぞお先に」という、『ふぐ鍋』ゲームをしながら食べたふぐはすごく美味しかったです。やはり刺身よりも鍋の方が美味しかったです!

 私も早く『ふぐ鍋』を覚えなければなりません!そして次は『鰻のたいこ』を覚えたいと思います!!

-日記

執筆者:

関連記事

学校寄席の感想文が面白かったです

 先日学校寄席で行った生徒さん達から、落語の感想文をいただきました。  絵も素晴らしいです、ちゃんと私がその日に着ていた着物の色で描いてくれております。50人分ぐらいの感想文、全て読ませていただきまし …

no image

古今亭を知ってもらおう最終回

 去年の4月から始めた「古今亭を知ってもらおう」が最終回を迎えました。まだまだ出て頂きたい師匠もいたのですが、予算の関係もあり一旦終了といたします。何も分からずに手探りで始めた回でしたが、出演してくれ …

no image

衝撃的な統計:Youtubeアナリティクス

私は『はての落語』というYoutubeチャンネルをつくって、落語の入門動画のようなものをあげております。その動画をどのような方々が見てくれているかというのをアナリティクスというもので確認することができ …

玉の輔師匠に教わった方法で帯を自分で修理しようの巻(帯だけに)

  大概の帯は袋状になっていて、片側が縫い目になっています。繰り返し使うとこの縫い目がほつれてきます。 このようにほつれてきます。帯源の帯は高いだけにこれはもう絶望です、もちろん帯源さんに修理に出すの …

サボテンの花を咲かせる祖母

 動物に好かれる人がいるように、植物に好かれる人っていますよね。私は植物に嫌われています。サボテンをいくつ枯らしたことか。しっかりとお世話をしても花を咲かせたことはありませんでした。  亡くなった祖母 …