楽屋噺

『あかね噺』一巻読みました!監修をしている林家けい木さんには頭が下がります

投稿日:

 あかね噺を読んだ感想!お父さん志ん太じゃん!?うちの師匠の二つ目時代の名前ですね。またはうちの兄弟子の志ん丸師匠の二つ目時代の名前ですね。面白かったので二巻からはちゃんと自分で買おうと思います。一巻はあかね噺配りおじさんの林家けい木さんにいただいたので。二巻にはヤバイ色物の先生が出たりしてるのでしょうか?楽しみです。一門分裂騒動とかあったら、なおいいです!

 それよりも後輩のけい木には、もう頭が下がる思いですよ。普通、落語の監修なんて、ちょっと変なところ直したり、質問に答えるぐらいじゃないでしょうか。それを忙しいだろうに、空いてる時間を探して漫画を配って歩いて宣伝をして。もう落語界であかね配りおじさんを知らない人はいないくらいですから。けい木に監修を頼んだ人大正解ですね、他の人だった絶対ここまでやってないと思います。

 以前、新宿末広亭の広報のお姉さんがけい木に広報の仕事を頼んだら

今朝気合を入れて散髪してきました!

と身なりを整えて来てくれて、お姉さんが「とても嬉しかった」と言っていたのを思い出しました。これだけ一生懸命働いているんですから、もしあかね噺が将来実写化でもされたら、ぜひけい木を主人公のあかねちゃん役に抜擢してもらいたいですね!

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

クイズ花いち兄さんのネタは何だろな?

ヒント1 兄さん今日はネタ何やりますか? 反対俥みたいなの!! ヒント2 開演10分前に稽古している兄さん。 正解は……… 「ママチャリきょうこ」でした!!

no image

中国に旅立った後輩の話

 二つ目になって早々に、中国を半年かけて回った後輩の話です。 兄さん、僕中国に半年くらい行ってこようと思います。 え!?そうなんだ。  後輩のチャレンジを否定することは、先輩としてやってはいけないこと …

大初日は着物で来るスタイルの志ん雀師匠

左は大初日をおろしたての着物で来た志ん雀師匠、後ろに極道が写ってます。右は披露目の笛を卒業して、未練がある志ん雀師匠。 大初日の口上は白酒師匠、正蔵師匠、志ん橋、馬風師匠、市馬師匠でした! 皆で拍手で …

no image

しあわせの話②馬鹿寄合酒

前座の大事な仕事の一つがネタ帳を書くことです。落語家はネタ帳を見てやるネタを決めるからです。二つ目などの若手は前座に気をつかい、高座にあがる前にネタを宣言してあがることがあります。前座は忙しいので、高 …

寄席の幟 新真打の幟が楽しみです

 昨日は上野鈴本演芸場の夜の部の出番でした。5人交互の出番で鈴本は月曜休みもあるので、私の出演はもう終了です。 寄席の入り口にはトリの師匠の幟を飾ります。今鈴本演芸場では昼の部のこみち師匠の幟と、夜の …