楽屋噺

1のつく日にする事

投稿日:

私達は1の付く日の事を初日と呼びます。寄席が10日間興行なので、1の付く日は興行が入れ替わり初日を迎えるからです。月に3回初日は訪れます。つまり1日11日21日です。31日は1が付きますが初日とは呼ばず、余一(よいち)と呼びます。寄席では特別興行を行うことが多いです。

 私は月3回の初日にしなければならない事があります。それは師匠宅に行く事です。志ん橋一門は前座修業中には毎日師匠宅に行っておりましたが、二つ目になると初日だけになります。では師匠宅に行って何をするかというと、みんなでお昼をいただくのです。主にお弁当をいただくのですが師匠が毎度買いに行ってくれます。弟子はテレビ見て待ってます。師匠いつもありがとうございます。その上先日は貴重なお酒をいただきました。

非売品のお酒です。門外不出と書いてありました。門外不出?深くかんがえてはいけません!!

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

しあわせの話。

しあわせになれる方法の話ではないです。しあわせという人の話です。「しあわせ」という名前の前座がいたのです。彼は大変に愉快な人だったのですが、噺家は廃業いたしております。彼とは前座時分に色んな思い出があ …

歩く現代アートの高座

 私のような凡庸な人間は高座で個性を出そうと必死ですが、中には個性ダダ漏れの人もおります。「ちょっとは個性抑えろよ」と言いたくなる人の代表が、歩く現代アートこと桂しん乃姉さんです。私は姉さんの「道具や …

牡蠣をごちそうになった話。

 師匠に美味しい牡蠣をご馳走になったことがあります。師匠が居酒屋で生牡蠣を頼んで下さって、店員さんがそれを大きな皿で運んできてくれました。 おいおい誰だよ、こんなに頼んだのは? 大きなお皿にのっていた …

no image

福袋演芸場の番頭からの電話

  「福袋演芸場」というものがあります。池袋演芸場で行われる早朝寄席です。今まで私は参加していなかったのですが、今回から参加させてもらうことになりました。というのも、今までは朝が早いからという最低の理 …

先輩の陰口を叩いてたらやさしい天罰をくらった北海道

  2~3年前に北海道に二つ目5~6人で行くお仕事がありました。一番先輩が一蔵兄さんでした。一蔵兄さんをご存知の方はジャイアンみたいな人だと思ってるかもしれませんが、本当はとても繊細な心を持った人です …

落語入門 はてなの落語

出演情報