楽屋噺

福袋演芸場の番頭からの電話

投稿日:2021年2月23日 更新日:

  「福袋演芸場」というものがあります。池袋演芸場で行われる早朝寄席です。今まで私は参加していなかったのですが、今回から参加させてもらうことになりました。というのも、今までは朝が早いからという最低の理由で避けていたのですが、今回からふう丈が番頭になりまして、彼から電話がきたのです。

あーた、何で福袋やってないの?

朝早いじゃん

あーたね、もう二つ目上の方なんだから追い込みかけなさいよ!追い込み!!

はい……

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

高座のハプニング処理②

 高座では色んな事が起きます。ある寄席での高座の出来事ですが、馬玉師匠が高座にあがってると結構大きめの地震がきました。その時の馬玉師匠の対応は素晴らしかったです。 大丈夫ですよ、お客さん。ここの寄席は …

花いち兄さん奇天烈列伝②

 花いち兄さんは「徳」という言葉に弱いです。二つ目になりたての頃「徳」を積むために、毎日井の頭公園のごみを拾って歩いてました。前座だった私は、たまに落語会でいただいたお弁当を兄さんの家に届けてたのです …

花いち兄さん奇天烈列伝⑤

志ん松君ギター弾ける? 簡単なコードぐらいなら弾けますよ じゃあちょっと伴奏してくれる? 伴奏?なんの? 歌ネタつくるから!! 歌ネタをつくるそうです

no image

寄席の恐ろしい風習

 寄席には恐ろしい風習があります。噺家はいつ寄席に入るか知らないのです。寄席や落語協会から「この日寄席は入れますか?」というような連絡は一切ないのです。決定事項として顔付けが送られてくるのです。当然入 …

no image

猫がいる!?

桂しん乃姉さんの話です。昔二人で池袋演芸場という寄席で前座で働いておりました。高座に上がっていたのは正太郎兄さんです。兄さんは「たいこ腹」をやってました、ちょうど猫に試し針をしようとする場面でした。 …

落語入門 はてなの落語

出演情報