日記

帯源の帯

投稿日:

東京の噺家が良く使っている帯があります。浅草にある「帯源」というお店の帯です。ほとんどの噺家が使っていると言っても過言ではない帯です。皆が愛用する理由がいくつかありまして、まず高級感というか重厚な感じがあります。

銀色の方が帯源です。黄色の方がそうでない帯です。並べるとよくわかりますが、厚みが全然違いますね。もう一本の方がペラペラに見えます。まぁそれだけ重くて大きいので、風呂敷に2本も入れると運ぶのは結構しんどいという難点はありますが。また締めた時に厚みでキュルキュルと音が鳴るのが、たまりませんね。ペラペラの帯だとそんな音はでません。

 しかし、噺家が愛用している最大の理由はその重量感ではなく、細さだと思われます。これだけ重くて厚いのに帯源の帯は細いのです!

手前が帯源の帯です。普段着物をお召にならない方には「大して変わらないじゃん」と思うかもしれないですが「この1cmの細さが粋に見えるのだ!」と噺家たちは豪語しております。細い方が足が長くみえますしね、わずかにですが。

この帯源のお値段はなかなか高いです!確か一本3万円以上すると思います。ですから真打昇進などでプレゼントされると噺家は大変に喜びます。そういうお客様からいただいた物を、披露目の高座で飾ったりしてますね。

ただ、悲しいことにこの帯は長いこと使うとほつれてしまいます。この帯に限らないと思いますが、高い分悲しくなります。もちろん帯源に修理に出せば直してくれますが、それもなかなかのお値段です。暇な二つ目には厳しいです。そこで次回は【私のほつれた帯源の帯を自分で修理してみた】を載せたいと思います。

-日記

執筆者:

関連記事

ひとつきの隣人

私が前座時代に住んでいたアパートは2棟あって、私が住んでいた方の棟は1階が2部屋、2階が2部屋の計4部屋でした。私がいたのは1階です。斜め上の部屋には後輩の入船亭ゆう京が住んでいました。 一時、私の隣 …

炒飯の正解を見つけた 荻窪啓ちゃん

 とうとう炒飯の正解を発見しました!!炒飯の正解は荻窪にありました。荻窪の町中華『啓ちゃん』の炒飯が炒飯の正解です。『啓ちゃん』なんと親しみやすい店名でしょうか。「うちはリーズナブルだよ」と店名だけで …

no image

ありえない寝言シリーズ⑤

カミさんのありえない寝言蒐集家こと古今亭志ん松でございます。もう少しで尽きますが、一番良いのはとってあります。好物は最後に食べるタイプです。 オタマジャクシがオレンジになった 実はそうなんです。おたま …

no image

大須という町は上野と浅草と秋葉原を足して台湾でかき混ぜたような町だ①

 大須演芸場に一週間行ってきました。大須演芸場は月の初めの7日間興行です。大概二つ目の枠は3.4日で交代ですが、今回私は一週間丸々入れていただきました。7日間滞在した噺家は今までいなかったようで、私が …

no image

映画『コントロール』の感想

 ずっと前から観たかった『コントロール』がアマプラにあがっていたので視聴いたしました。ジョイ・ディビジョンのボーカルだったイアン・カーティスの伝記っぽい映画です。  ジョイ・ディビジョンが好きなので観 …