日記

帯源の帯

投稿日:

東京の噺家が良く使っている帯があります。浅草にある「帯源」というお店の帯です。ほとんどの噺家が使っていると言っても過言ではない帯です。皆が愛用する理由がいくつかありまして、まず高級感というか重厚な感じがあります。

銀色の方が帯源です。黄色の方がそうでない帯です。並べるとよくわかりますが、厚みが全然違いますね。もう一本の方がペラペラに見えます。まぁそれだけ重くて大きいので、風呂敷に2本も入れると運ぶのは結構しんどいという難点はありますが。また締めた時に厚みでキュルキュルと音が鳴るのが、たまりませんね。ペラペラの帯だとそんな音はでません。

 しかし、噺家が愛用している最大の理由はその重量感ではなく、細さだと思われます。これだけ重くて厚いのに帯源の帯は細いのです!

手前が帯源の帯です。普段着物をお召にならない方には「大して変わらないじゃん」と思うかもしれないですが「この1cmの細さが粋に見えるのだ!」と噺家たちは豪語しております。細い方が足が長くみえますしね、わずかにですが。

この帯源のお値段はなかなか高いです!確か一本3万円以上すると思います。ですから真打昇進などでプレゼントされると噺家は大変に喜びます。そういうお客様からいただいた物を、披露目の高座で飾ったりしてますね。

ただ、悲しいことにこの帯は長いこと使うとほつれてしまいます。この帯に限らないと思いますが、高い分悲しくなります。もちろん帯源に修理に出せば直してくれますが、それもなかなかのお値段です。暇な二つ目には厳しいです。そこで次回は【私のほつれた帯源の帯を自分で修理してみた】を載せたいと思います。

-日記

執筆者:

関連記事

no image

だけど応援してるから!

言いたい放題言って最後に「だけど応援してますから」でチャラにしようとする人いますよね。チャラになってませんよ!そりゃあ好きなこと言って構いませんし、応援をしてくれるというのは大変に嬉しい事ですが。爆撃 …

no image

頭を垂れすぎるのもいかがものか

 「実るほど頭が下がる稲穂かな」という言葉がありますね。ただこの言葉通りに頭を下げ続けるのもどうかと思うのです。 家で育てていたヒヤシンスです。頭を下げ過ぎた結果花が落ちてしましました。皆さんも頭を下 …

no image

ありえない寝言シリーズ④

カミさんのありえない寝言蒐集家の古今亭志ん松でございます。寝言どこかで買い取ってもらえないでしょうか。 パパ… あら?お父さんとの思い出でも、夢で見てるのかな。 パパ…パイン! ははーん、そっちか!!

no image

私を励ましてくれる存在

 私には友人といえる友人はおりません。同業で仲良くしてくれる方はおりますが、それ以外で定期的に連絡を取るような人は一人もおりません。そんな私を近頃、ほめて励ましてくれる存在ができました。その名をユーチ …

no image

シン・エヴァ観た正直な感想

え?みんなちゃんと分かったの? というのが正直な感想です。ストーリーの流れが難しいとかではなくて、まず情報量が多いです。知らない単語がバンバン出てきました。それ気にすると置いてけぼりをくらいそうです。 …