楽屋噺

中国に旅立った後輩の話

投稿日:2021年1月28日 更新日:

 二つ目になって早々に、中国を半年かけて回った後輩の話です。

兄さん、僕中国に半年くらい行ってこようと思います。

え!?そうなんだ。

 後輩のチャレンジを否定することは、先輩としてやってはいけないことです。何も言わずに見送ました。ただ、何かもやもやっとしました。

 半年後、後輩は無事に帰ってきました。ヤフーニュースとかにも載ったりしてました。『京都大学卒業の落語家、中国を旅する』みたいな記事だったと思います。そのコメント欄に

何しに行ったの?

 と書いてありました。そうそう!!それ!私がもやもやっとしたのそれ!

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

披露目大初日の写真

披露目の写真をばらまいていく! 幟です。鈴本演芸場は3本かざれます。 大初日、志ん雀師匠はおろしたての着物にて登場。 トリの高座をおさめようとする撮り鉄!口上前の志ん雀師匠。 後ろ幕は雀は五羽、一羽一 …

『あかね噺』一巻読みました!監修をしている林家けい木さんには頭が下がります

 あかね噺を読んだ感想!お父さん志ん太じゃん!?うちの師匠の二つ目時代の名前ですね。またはうちの兄弟子の志ん丸師匠の二つ目時代の名前ですね。面白かったので二巻からはちゃんと自分で買おうと思います。一巻 …

披露目の写真 ~池袋編~

今回の真打志ん雀師匠と、来春の真打美るく姉さんと八ゑ馬兄さん。 今更、口上の時の姿勢を気にしだす花いち師匠。 仏と信者。

クイズ花いち兄さんのネタは何だろな?

ヒント1 兄さん今日はネタ何やりますか? 反対俥みたいなの!! ヒント2 開演10分前に稽古している兄さん。 正解は……… 「ママチャリきょうこ」でした!!

no image

落語界のときわ荘

柳家花いち、古今亭志ん松、入船亭遊京の3人が前座時代に住んでいたアパートを『落語界のときわ荘』と呼んでいます。自分達で。風呂なし、トイレ共同、家賃2万8千円。本物のときわ荘と違うのは誰も有名になってい …