日記

コインランドリーは200円では済まない

投稿日:

柳家花いち兄さん、入船亭遊京と共に前座時代を過ごした『高永荘』に洗濯機が設置されてました。衝撃です。『高永荘』は風呂なし、トイレ共同の四畳半という、豊かさよりも生き延びることを目的としたアパートです。そこに洗濯機が置かれたということに時代を感じました。

我々は前座時代『高永荘』から徒歩5分のコインランドリーを使ってました。200円で30分回る洗濯機です。懐に余裕があると乾燥機も使ってました、こちらは100円で10分まわります。10分では足りないので300円くらいかかります。ただ、この乾燥機は気分屋さんなので100円を入れても動かない時があります。その時の絶望感はすごいです、まだ100円玉があればいいのですが、ない時は生乾きの服を持って帰ることになります。生乾きだから重いです。それを着て師匠宅に行き、生乾きで臭いと怒られるのです。絶望です。そんな事を思い出しました。

-日記

執筆者:

関連記事

あなたの座右の銘は何ですか?

 皆さんは座右の銘をお持ちでしょうか?私の座右の銘は「逃げの一手」です。ポジティブな逃げです、「逃げ恥」的な。先日カミさんと座右の銘の話になりまして。 座右の銘ある? うーーん 五分ほど熟考した結果 …

ありえない寝言蒐集家

 カミさんのありえない寝言を蒐集する仕事をしている古今亭志ん松でございます。カミさんはっきりと寝言を言います、会話もできる特殊能力を持っています。ひとつずつ紹介していきます。 見せつけないとね、日本の …

ありえない寝言シリーズ④

カミさんのありえない寝言蒐集家の古今亭志ん松でございます。寝言どこかで買い取ってもらえないでしょうか。 パ、パ…. あら?お父さんとの思い出でも、夢で見てるのかな。 パ、パ、パイン! はは …

ひとつきの隣人

私が前座時代に住んでいたアパートは2棟あって、私が住んでいた方の棟は1階が2部屋、2階が2部屋の計4部屋でした。私がいたのは1階です。斜め上の部屋には後輩の入船亭ゆう京が住んでいました。 一時、私の隣 …

お後がよろしいようで

「お後がよろしいようで」の使い方が気になりますよ!!私は話し言葉なんて、いい加減に使えばよいと思っている人間ですが(噺家の言う台詞ではない)「お後がよろしいようで」は引っかかるのです。  本来は噺家が …

落語入門 はてなの落語

出演情報