楽屋噺

しあわせの話③

投稿日:2021年1月26日 更新日:

 廃業した、しあわせという名前の後輩の話です。前座の一番大事な仕事はお後の師匠にネタを伝えることだと思います。前の人のネタが分からないと、自分のやるネタが決められないからです。主にネタ帳に書いてお伝えをするのですが、それができないこともあります。マクラが長い人だと、時間ギリギリまでネタが分からずネタ帳が書けないのです。そういう時は口頭でお伝えして、後でネタ帳を書くこともよくあります。

 緊張をしてしまうのか、しあわせはそれが苦手でした。ある日、正蔵師匠が高座で「新聞記事」というネタをやっていました。それをしあわせが間違えて

正蔵師匠は「新聞記者です!!」

これを聞いたお後の師匠が冷静に

正蔵師匠は「噺家」だよ

そんな彼は今は「噺家」でもなく「新聞記者」でもなく「郵便局員」だそうです。

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

no image

ふう丈近い近い近い!!

三遊亭ふう丈という後輩は人との距離感がわからない人間です。精神的にも物理的にも、距離感が近いのです。広い楽屋で二人しかいないのに、隣に膝つき合わせて座ったりします。あれ?ここってお茶室かなって思うほど …

no image

京都大学卒の後輩の話。

 京都大学をストレートで入学、卒業した後輩の話です。相模原の落語大会というのがあるんですが、彼はその大会を書類落ちしました。 落語の大会に出るのは京都大学に入るのより難しいようです。

no image

花いち兄さん奇天烈列伝④

10年前 志ん松君!僕面白くないよね?どうしたら面白くなるかな?どうしたら売れるかな? いやいや兄さんは面白いですよ!! 7年前 志ん松君!どうしたら面白くなれるかな?どうしたら売れるかな? いや分か …

お客様から「すべりどめの箸」をもらった結果

 お客様から「すべりどめの箸」をいただきました!今お見送りとかもできないので、ちゃんとお礼を言えなかったのでここで御礼申し上げます。色々お心遣いありがとうございます!もちろん高座でもすべらない様にがん …

寄席の幟 新真打の幟が楽しみです

 昨日は上野鈴本演芸場の夜の部の出番でした。5人交互の出番で鈴本は月曜休みもあるので、私の出演はもう終了です。 寄席の入り口にはトリの師匠の幟を飾ります。今鈴本演芸場では昼の部のこみち師匠の幟と、夜の …