楽屋噺

しあわせの話③

投稿日:2021年1月26日 更新日:

 廃業した、しあわせという名前の後輩の話です。前座の一番大事な仕事はお後の師匠にネタを伝えることだと思います。前の人のネタが分からないと、自分のやるネタが決められないからです。主にネタ帳に書いてお伝えをするのですが、それができないこともあります。マクラが長い人だと、時間ギリギリまでネタが分からずネタ帳が書けないのです。そういう時は口頭でお伝えして、後でネタ帳を書くこともよくあります。

 緊張をしてしまうのか、しあわせはそれが苦手でした。ある日、正蔵師匠が高座で「新聞記事」というネタをやっていました。それをしあわせが間違えて

正蔵師匠は「新聞記者です!!」

これを聞いたお後の師匠が冷静に

正蔵師匠は「噺家」だよ

そんな彼は今は「噺家」でもなく「新聞記者」でもなく「郵便局員」だそうです。

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

しあわせの話。

しあわせになれる方法の話ではないです。しあわせという人の話です。「しあわせ」という名前の前座がいたのです。彼は大変に愉快な人だったのですが、噺家は廃業いたしております。彼とは前座時分に色んな思い出があ …

花いち兄さん奇天烈列伝②

 花いち兄さんは「徳」という言葉に弱いです。二つ目になりたての頃「徳」を積むために、毎日井の頭公園のごみを拾って歩いてました。前座だった私は、たまに落語会でいただいたお弁当を兄さんの家に届けてたのです …

メロンをいただく時には余計なことを言うべきではない

暑い盛りの噺でございまして、そういう時分には師匠宅には御中元がたくさん届きます。そんなある日、師匠宅でメロンをご馳走になりました。 どうだい?このメロンうまいだろ? はい!ありがとうございます、美味し …

高座のハプニング処理②

 高座では色んな事が起きます。ある寄席での高座の出来事ですが、馬玉師匠が高座にあがってると結構大きめの地震がきました。その時の馬玉師匠の対応は素晴らしかったです。 大丈夫ですよ、お客さん。ここの寄席は …

no image

猫がいる!?

桂しん乃姉さんの話です。昔二人で池袋演芸場という寄席で前座で働いておりました。高座に上がっていたのは正太郎兄さんです。兄さんは「たいこ腹」をやってました、ちょうど猫に試し針をしようとする場面でした。 …

落語入門 はてなの落語

出演情報