楽屋噺

高座でのハプニング処理

投稿日:2021年2月5日 更新日:

 高座では色んな事が起こります。毎日、色んなお客様がおいでになるので当然といば当然ですが。予期せぬことも、もちろん起こります。そういう時の対処法は二つです。1無視する、2対応する。この二つです。たいていは1で何とかなりますが、どうにもならない時もあり2の対応をとることもあります。例えば、酔っ払いに絡まれた時などです。一番まずい対応はケンカしてしまうことでしょう。まぁ滅多にないことなので、普段対処法なんぞ考えたことありません。

 ただ、私はお手本となるような素晴らしい対処を見た事があります。兄弟子である駒治兄さんが、高座で客席の酔っ払いに絡まれた時です。

やりなおしまーす

と言って高座を降りてきたのです。その間に寄席の職員によって酔っ払いは連れ出され、兄さんは何事もなかったかのように再び高座にあがっていきました。いつか私もやりたいです!

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

花いち兄さん奇天烈列伝

  前座時分に落語会に行くと、余ったお弁当をいただけることがあります。ただ前座の間は師匠宅でご飯をいただいていたので、食べ切ることができません。そこで、私は二つ目になっていた花いち兄さんに届けてました …

こんなの落語じゃない!

 「歩く現代アート」こと桂しん乃姉さんの話ですが、姉さんの落語は常人には到達できないところにあります。姉さんの落語を初めて聞く方は面食らうことを請け合います。古典至上主義おじさんとかは烈火のごとく「こ …

先輩の陰口を叩いてたらやさしい天罰をくらった北海道

  2~3年前に北海道に二つ目5~6人で行くお仕事がありました。一番先輩が一蔵兄さんでした。一蔵兄さんをご存知の方はジャイアンみたいな人だと思ってるかもしれませんが、本当はとても繊細な心を持った人です …

歩く現代アートは着物で歩く

先日歩く現代アートこと桂しん乃姉さんと花いち兄さんの勉強会に呼んでいただきました。この二人が勉強会をしているというのもすごい事です。筆と硯を使ってプログラミングの勉強をするようなものです。 その会に姉 …

中国から帰ってきた後輩の話。

 二つ目になって早々、中国を半年間旅した後輩の話です。彼は無事に帰国し、中国の経験を面白おかしく漫談に仕立て上げ「中国漫遊記」として高座で披露し、好評を得ていました。その時分に妙なことを口走るようにな …

落語入門 はてなの落語

出演情報