楽屋噺

高座でのハプニング処理

投稿日:2021年2月5日 更新日:

 高座では色んな事が起こります。毎日、色んなお客様がおいでになるので当然といば当然ですが。予期せぬことも、もちろん起こります。そういう時の対処法は二つです。1無視する、2対応する。この二つです。たいていは1で何とかなりますが、どうにもならない時もあり2の対応をとることもあります。例えば、酔っ払いに絡まれた時などです。一番まずい対応はケンカしてしまうことでしょう。まぁ滅多にないことなので、普段対処法なんぞ考えたことありません。

 ただ、私はお手本となるような素晴らしい対処を見た事があります。兄弟子である駒治兄さんが、高座で客席の酔っ払いに絡まれた時です。

やりなおしまーす

と言って高座を降りてきたのです。その間に寄席の職員によって酔っ払いは連れ出され、兄さんは何事もなかったかのように再び高座にあがっていきました。いつか私もやりたいです!

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

no image

後輩がブログで私の悪口を書いていたので、ここで紹介する

 新しくブログを作ったので、どんなもんかと「志ん松 ブログ」で検索をかけてみました。 ん?あれ?「おい志ん松。はじめての芝公園お寺de落語|入船亭遊京大全」というブログを発見。入船亭遊京(いりふねてい …

高座のハプニング処理②

 高座では色んな事が起きます。ある寄席での高座の出来事ですが、馬玉師匠が高座にあがってると結構大きめの地震がきました。その時の馬玉師匠の対応は素晴らしかったです。 大丈夫ですよ、お客さん。ここの寄席は …

花いち兄さん奇天烈列伝⑤

志ん松君ギター弾ける? 簡単なコードぐらいなら弾けますよ じゃあちょっと伴奏してくれる? 伴奏?なんの? 歌ネタつくるから!! 歌ネタをつくるそうです

しあわせの話。

しあわせになれる方法の話ではないです。しあわせという人の話です。「しあわせ」という名前の前座がいたのです。彼は大変に愉快な人だったのですが、噺家は廃業いたしております。彼とは前座時分に色んな思い出があ …

花いち兄さん奇天烈列伝

  前座時分に落語会に行くと、余ったお弁当をいただけることがあります。ただ前座の間は師匠宅でご飯をいただいていたので、食べ切ることができません。そこで、私は二つ目になっていた花いち兄さんに届けてました …

落語入門 はてなの落語

出演情報