楽屋噺

花いち兄さんの衝撃的くすぐり

投稿日:

 花いち兄さんの鈴本演芸場の初日は「宿へゴースト」という新作落語でした。私は何度も聞かせてもらっているのですが、今まで気が付かなかった衝撃的なくすぐり(ギャグ)がありました。

よく古典落語では場面転換で「烏かぁで夜が明けて」という言い回しがでてきます。花いち兄さんの「宿へゴースト」ではコウモリばたばたで夜が更けてという場面転換がありました。衝撃的でした、特に楽屋がウケてました。そこをいじるんだ!?

鈴本演芸場の隣にすしざんまいがあるので「写真撮りましょう」と言ったらポーズとってくれました。

てっきりすしざんまいのポーズをとってくれるんだと思いました。そっちなんだ…。

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

no image

福袋演芸場の番頭からの電話

  「福袋演芸場」というものがあります。池袋演芸場で行われる早朝寄席です。今まで私は参加していなかったのですが、今回から参加させてもらうことになりました。というのも、今までは朝が早いからという最低の理 …

no image

黒紋付とかけてるんだよ!

お正月の挨拶動画を花いち兄さんとYouTubeで撮りました。落語家の正月は黒紋付袴姿が正装です。井の頭には『黒門』という黒い鳥居があるので、そこでサムネイル用の写真を撮りました。 黒紋付と黒門がかかっ …

no image

大須という町は上野と浅草と秋葉原を足して台湾でかき混ぜたような町だ②

 大須にもアメ横があります。あら?ここは上野だったかしらという心持ちになります。 そうかと思うと このアーケードがなんとも浅草の雰囲気があるのです、近くには浅草寺ならぬ大須観音もありますし。観光地+ア …

no image

京都大学卒の後輩の話。

 京都大学をストレートで入学、卒業した後輩の話です。相模原の落語大会というのがあるんですが、彼はその大会を書類落ちしました。 落語の大会に出るのは京都大学に入るのより難しいようです。

no image

中国に旅立った後輩の話

 二つ目になって早々に、中国を半年かけて回った後輩の話です。 兄さん、僕中国に半年くらい行ってこようと思います。 え!?そうなんだ。  後輩のチャレンジを否定することは、先輩としてやってはいけないこと …