楽屋噺

披露目大初日の写真

投稿日:

披露目の写真をばらまいていく!

幟です。鈴本演芸場は3本かざれます。

大初日、志ん雀師匠はおろしたての着物にて登場。

トリの高座をおさめようとする撮り鉄!口上前の志ん雀師匠。

後ろ幕は雀は五羽、一羽一両也。高座の飾りの「招き」と帯。

緑也師匠にいじられている志ん雀師匠。志ん雀師匠に興味を示さないさん花師匠。

ネタは「抜け雀」。着物は口上と同じ黒紋付。赤羽二重黒紋付。

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

no image

このブログの仲間の評価

入船亭遊京評 兄さんブログ見ました!あのセリフの枠いいですね! 古今亭始評 あのブログのセリフのすごいね! 柳家花いち評 あのピョコンていいね、どうやってやるのあれ!? 中身について誰も何も言わない

no image

福袋演芸場の番頭からの電話

  「福袋演芸場」というものがあります。池袋演芸場で行われる早朝寄席です。今まで私は参加していなかったのですが、今回から参加させてもらうことになりました。というのも、今までは朝が早いからという最低の理 …

no image

高座でのハプニング処理

 高座では色んな事が起こります。毎日、色んなお客様がおいでになるので当然といば当然ですが。予期せぬことも、もちろん起こります。そういう時の対処法は二つです。1無視する、2対応する。この二つです。たいて …

no image

Yesの使いどころ

 人生はYesとNoの連続ですね。「Yesman」という映画があります、Yesと答える事でポジティブに物事が運ぶという話です。ただやっぱり、現実ではここぞという時にYesは使いたいものです。兄弟子であ …

no image

しあわせの話②馬鹿寄合酒

前座の大事な仕事の一つがネタ帳を書くことです。落語家はネタ帳を見てやるネタを決めるからです。二つ目などの若手は前座に気をつかい、高座にあがる前にネタを宣言してあがることがあります。前座は忙しいので、高 …