楽屋噺

披露目の写真をまだまださらしてく

投稿日:2021年10月5日 更新日:

  総番頭兼カメラマンの始が撮ってくれた写真もさらしていく!勝手に!倒置法!

鈴本演芸場のホワイトボードです。前座が「昇進披露興行」という字を間違えてないか、我々番頭が目を光らせております。誰も一度も間違えませんでした、今の前座は優秀です!私たちは前座時分よく間違えてたのに…。

右上はプログラムですね、交互出演の人には○がついてます。右下はその日の口上の面子と座る順番ですね。一応決まりがありまして、センターが新真打でその左(お客様からみると右)が新真打の師匠、後は左の方からエライ人が並んでいきます。芸歴的には馬風師匠が一番エライですが、今市馬師匠が会長なので一番左です。一番右が司会です。

左上は番頭のやる気に満ち溢れている志ん松です!右上が披露目をパーティーだと思っているパーリーピーポーです。右下は自分の初日でもないのに目が泳いでいる花いち兄さんです。下が寄席のミッキーこと和助兄さんですね!

左がなぜか前座にも名人にも見える師匠志ん橋です。右は動きが速すぎて「俺でなきゃ見逃しちゃうね」状態の師匠です。

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

no image

先輩の陰口を叩いてたらやさしい天罰をくらった北海道

  2~3年前に北海道に二つ目5~6人で行くお仕事がありました。一番先輩が一蔵兄さんでした。一蔵兄さんをご存知の方はジャイアンみたいな人だと思ってるかもしれませんが、本当はとても繊細な心を持った人です …

no image

しあわせの話。

しあわせになれる方法の話ではないです。しあわせという人の話です。「しあわせ」という名前の前座がいたのです。彼は大変に愉快な人だったのですが、噺家は廃業いたしております。彼とは前座時分に色んな思い出があ …

寄席の幟 新真打の幟が楽しみです

 昨日は上野鈴本演芸場の夜の部の出番でした。5人交互の出番で鈴本は月曜休みもあるので、私の出演はもう終了です。 寄席の入り口にはトリの師匠の幟を飾ります。今鈴本演芸場では昼の部のこみち師匠の幟と、夜の …

まくれ一蔵のサムネイル

 一蔵兄さんと「まくれ一蔵!」というYouTubeチャンネルを始めました。テーマがボートレース界の真打を目指そうなので、ボートに興味ない人も楽しめると思います。一蔵兄さんが見習いから初めて、今前座を目 …

no image

こんなの落語じゃない!

 「歩く現代アート」こと桂しん乃姉さんの話ですが、姉さんの落語は常人には到達できないところにあります。姉さんの落語を初めて聞く方は面食らうことを請け合います。古典至上主義おじさんとかは烈火のごとく「こ …