楽屋噺

披露目の写真をまだまださらしてく

投稿日:2021年10月5日 更新日:

  総番頭兼カメラマンの始が撮ってくれた写真もさらしていく!勝手に!倒置法!

鈴本演芸場のホワイトボードです。前座が「昇進披露興行」という字を間違えてないか、我々番頭が目を光らせております。誰も一度も間違えませんでした、今の前座は優秀です!私たちは前座時分よく間違えてたのに…。

右上はプログラムですね、交互出演の人には○がついてます。右下はその日の口上の面子と座る順番ですね。一応決まりがありまして、センターが新真打でその左(お客様からみると右)が新真打の師匠、後は左の方からエライ人が並んでいきます。芸歴的には馬風師匠が一番エライですが、今市馬師匠が会長なので一番左です。一番右が司会です。

左上は番頭のやる気に満ち溢れている志ん松です!右上が披露目をパーティーだと思っているパーリーピーポーです。右下は自分の初日でもないのに目が泳いでいる花いち兄さんです。下が寄席のミッキーこと和助兄さんですね!

左がなぜか前座にも名人にも見える師匠志ん橋です。右は動きが速すぎて「俺でなきゃ見逃しちゃうね」状態の師匠です。

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

no image

しあわせの話③

 廃業した、しあわせという名前の後輩の話です。前座の一番大事な仕事はお後の師匠にネタを伝えることだと思います。前の人のネタが分からないと、自分のやるネタが決められないからです。主にネタ帳に書いてお伝え …

no image

Yesの使いどころ

 人生はYesとNoの連続ですね。「Yesman」という映画があります、Yesと答える事でポジティブに物事が運ぶという話です。ただやっぱり、現実ではここぞという時にYesは使いたいものです。兄弟子であ …

花いち兄さんと遊京と地域寄席

昨日は花いち兄さんと遊京と井の頭で地域寄席でした。ご来場のお客様まことにありがとうございました!! 花いち兄さんは手ぬぐいと扇子を二つもって高座にあがってました。普通の噺家は一つしか必要ありませんが、 …

no image

寄席の恐ろしい風習

 寄席には恐ろしい風習があります。噺家はいつ寄席に入るか知らないのです。寄席や落語協会から「この日寄席は入れますか?」というような連絡は一切ないのです。決定事項として顔付けが送られてくるのです。当然入 …

no image

中国に旅立った後輩の話

 二つ目になって早々に、中国を半年かけて回った後輩の話です。 兄さん、僕中国に半年くらい行ってこようと思います。 え!?そうなんだ。  後輩のチャレンジを否定することは、先輩としてやってはいけないこと …