楽屋噺

大須という町は上野と浅草と秋葉原を足して台湾でかき混ぜたような町だ②

投稿日:

 大須にもアメ横があります。あら?ここは上野だったかしらという心持ちになります。

そうかと思うと

このアーケードがなんとも浅草の雰囲気があるのです、近くには浅草寺ならぬ大須観音もありますし。観光地+アーケード+お寺は、私の中では浅草が思い起こされます。ちなみにアーケードは朝に通るとレッドツェッペリンの「天国への階段」が流れてます。訳がわからないよ。それを耳にしながら色んなお店がシャッターを開ける姿を見ていると、なんとも言えない気持ちになります。もしかしたら、並行世界に少しの間とばされてたのかもしれません。

浅草と違うのは、大須は若者の街という所です。休日になると大勢の若者が繰り出し、コスプレをしながら食べ歩くのです。東京都と大阪の間をとり、全ての良い所を貪欲にむさぼる町でございます。

特にコスプレは有名なようです。星野珈琲はコスプレに優しいようで、厳しいです。「コスプレ入店可 特典無し」と書かれています。ただコスプレの方が多いということをうかがい知ることができました。

タピオカの次に流行ると言われている、台湾カステラをお世話になった大須の前座さん獅鉄君とお茶子さんに差し入れるために買いました。あと楽屋に上方の師匠米紫師匠や他の芸人さんにも差し上げました。

米紫師匠、よろしかったらいかがですか?流行ってるらしいので

ありがとう!美味しいな!

皆さんもよろしかったら。何か流行ってるらしいですよ

無言で食べる一同。

志ん松君!

はい!

誰も食いつかへんな!台湾カステラに誰も食いつかへんわ!

残念!!

米紫師匠はご飯ご馳走してくださって、色々お話もしてくださって大変楽しかったです!!

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

no image

漫画家に見初められた話

 前座時代24歳~29歳の5年間というのは、師匠宅と寄席と自宅を往復の毎日でした。寄席以外にもたまに「わき」の仕事があります。「わき」の仕事というのは、寄席ではなく落語会に前座として働きに行くことです …

no image

福袋演芸場の番頭からの電話

  「福袋演芸場」というものがあります。池袋演芸場で行われる早朝寄席です。今まで私は参加していなかったのですが、今回から参加させてもらうことになりました。というのも、今までは朝が早いからという最低の理 …

no image

高座のハプニング処理②

 高座では色んな事が起きます。ある寄席での高座の出来事ですが、馬玉師匠が高座にあがってると結構大きめの地震がきました。その時の馬玉師匠の対応は素晴らしかったです。 大丈夫ですよ、お客さん。ここの寄席は …

no image

しあわせの話③

 廃業した、しあわせという名前の後輩の話です。前座の一番大事な仕事はお後の師匠にネタを伝えることだと思います。前の人のネタが分からないと、自分のやるネタが決められないからです。主にネタ帳に書いてお伝え …

no image

順子先生の隣に立たせてもらった思い出

 あした順子ひろし先生のひろし先生が亡くなった後、順子先生はお一人で高座にあがり途中で前座を呼んで掛け合いをされてました。特に打ち合わせをする訳でもないのですが、前座が何を言おうと対応され笑いにされて …

落語入門 はてなの落語

出演情報