楽屋噺

大須という町は上野と浅草と秋葉原を足して台湾でかき混ぜたような町だ②

投稿日:

 大須にもアメ横があります。あら?ここは上野だったかしらという心持ちになります。

そうかと思うと

このアーケードがなんとも浅草の雰囲気があるのです、近くには浅草寺ならぬ大須観音もありますし。観光地+アーケード+お寺は、私の中では浅草が思い起こされます。ちなみにアーケードは朝に通るとレッドツェッペリンの「天国への階段」が流れてます。訳がわからないよ。それを耳にしながら色んなお店がシャッターを開ける姿を見ていると、なんとも言えない気持ちになります。もしかしたら、並行世界に少しの間とばされてたのかもしれません。

浅草と違うのは、大須は若者の街という所です。休日になると大勢の若者が繰り出し、コスプレをしながら食べ歩くのです。東京都と大阪の間をとり、全ての良い所を貪欲にむさぼる町でございます。

特にコスプレは有名なようです。星野珈琲はコスプレに優しいようで、厳しいです。「コスプレ入店可 特典無し」と書かれています。ただコスプレの方が多いということをうかがい知ることができました。

タピオカの次に流行ると言われている、台湾カステラをお世話になった大須の前座さん獅鉄君とお茶子さんに差し入れるために買いました。あと楽屋に上方の師匠米紫師匠や他の芸人さんにも差し上げました。

米紫師匠、よろしかったらいかがですか?流行ってるらしいので

ありがとう!美味しいな!

皆さんもよろしかったら。何か流行ってるらしいですよ

無言で食べる一同。

志ん松君!

はい!

誰も食いつかへんな!台湾カステラに誰も食いつかへんわ!

残念!!

米紫師匠はご飯ご馳走してくださって、色々お話もしてくださって大変楽しかったです!!

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

師匠宅の皿を割ると起こる事

前座時代に師匠宅のお皿を割ってしまったことがあります。やってしまったと思い、師匠に報告しました。 すいません師匠、お皿を割ってしまいました!! てっきり怒られると思いましたが、師匠はニコニコしておりま …

歩く現代アートと再会

かなり久々に「歩く現代アート」こと桂しん乃姉さんにお会いしました。私より一年ほど先輩ですが、訳あって未だに前座をされております。そのため私のことを「兄さん」と呼んできます。私も「姉さん」と呼びます。上 …

1のつく日にする事

私達は1の付く日の事を初日と呼びます。寄席が10日間興行なので、1の付く日は興行が入れ替わり初日を迎えるからです。月に3回初日は訪れます。つまり1日11日21日です。31日は1が付きますが初日とは呼ば …

ふう丈近い近い近い!!

三遊亭ふう丈という後輩は人との距離感がわからない人間です。精神的にも物理的にも、距離感が近いのです。広い楽屋で二人しかいないのに、隣に膝つき合わせて座ったりします。あれ?ここってお茶室かなって思うほど …

no image

寄席の恐ろしい風習

 寄席には恐ろしい風習があります。噺家はいつ寄席に入るか知らないのです。寄席や落語協会から「この日寄席は入れますか?」というような連絡は一切ないのです。決定事項として顔付けが送られてくるのです。当然入 …

落語入門 はてなの落語

出演情報