楽屋噺

大初日は着物で来るスタイルの志ん雀師匠

投稿日:

左は大初日をおろしたての着物で来た志ん雀師匠、後ろに極道が写ってます。右は披露目の笛を卒業して、未練がある志ん雀師匠。

大初日の口上は白酒師匠、正蔵師匠、志ん橋、馬風師匠、市馬師匠でした!

皆で拍手で送りだされる志ん雀師匠、高座の着物は黒紋付でした。ネタは抜け雀。終演後は高座上に楽屋一同が上がって手締めをします。

お客様は終演後にしばらくお席に残ってると、この手締めが聞こえますよ。映画のエンドロールのように楽しみましょう!

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

no image

先輩の陰口を叩いてたらやさしい天罰をくらった北海道

  2~3年前に北海道に二つ目5~6人で行くお仕事がありました。一番先輩が一蔵兄さんでした。一蔵兄さんをご存知の方はジャイアンみたいな人だと思ってるかもしれませんが、本当はとても繊細な心を持った人です …

no image

柏市の寿量院あみだ寄席

先日地元柏市のお寺さん寿量院さんのあみだ寄席に出演いたしました。玉の輔師匠とぴっかり☆姉さんと扇姉さんと私の四人でした。玉の輔は先日自宅マンションが火事になり、外に避難された女性に温かい飲み物を渡した …

漫画家に見初められた話

 前座時代24歳~29歳の5年間というのは、師匠宅と寄席と自宅を往復の毎日でした。寄席以外にもたまに「わき」の仕事があります。「わき」の仕事というのは、寄席ではなく落語会に前座として働きに行くことです …

こみち姉さんが志ん松の高座を見た感想

 昨日は浅草演芸ホールの出番でした。私の出番の後はこみち姉さんでした。私が出番を終えて、高座をおりると姉さんが 良かったよ、人間らしくて! と言ってくれました。姉さんはどうやら私のことを狸かなんかだと …

no image

自粛で血迷ったか

自粛期間が長引き、何だか様子のおかしい噺家仲間が増えてまいりました。多くの仲間は落語の配信をしたり、ラジオを発信したり、Twitterをやったりしてます。そんな中、違う山に登り始めた愛すべき方々を紹介 …