楽屋噺

先輩の陰口を叩いてたらやさしい天罰をくらった北海道

投稿日:2021年2月3日 更新日:

  2~3年前に北海道に二つ目5~6人で行くお仕事がありました。一番先輩が一蔵兄さんでした。一蔵兄さんをご存知の方はジャイアンみたいな人だと思ってるかもしれませんが、本当はとても繊細な心を持った人です。繊細ジャイアンです。

 その日仕事を終えた我々は北海道で有名な六花亭が経営しているお洒落な喫茶店でお茶をいただいてました。後輩の一人が携帯を見ながら

あれ?NHKの落語大会の決勝に市弥兄さんと小辰兄さんが進んだらしいですよ!

市弥兄さんと小辰兄さんというのは一蔵兄さんの同期二人です。つまり同期の中で一蔵兄さんだけ決勝に進めなかった訳です。一蔵兄さんはそれを聞いて、何も言わずにスッと席を立ちました。性格の悪い私はすかさず

一蔵兄さん、きっとトイレで泣いてるんだよ!

とみんなに嘯きました。しばらくすると一蔵兄さんが喫茶店の店員さんを3~4人引き連れて、席に戻ってきました。

ハッピーバースデートゥユー、ハッピーバースデーディア志ん松さーん!ハッピーバースデートゥユー!!!

その日はちょうど私の誕生日でした。一蔵兄さんはトイレで泣いていたのではなく、こっそりと店員さんにケーキを頼んでいてくれていたのです

 私のために内緒でケーキを用意してくれた先輩に対して、私はなんという口さがない事をしてしまったのか。自己嫌悪に陥りました。きっと来世は虫です。

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

no image

高座でのハプニング処理

 高座では色んな事が起こります。毎日、色んなお客様がおいでになるので当然といば当然ですが。予期せぬことも、もちろん起こります。そういう時の対処法は二つです。1無視する、2対応する。この二つです。たいて …

no image

歩く現代アートは着物で歩く

先日歩く現代アートこと桂しん乃姉さんと花いち兄さんの勉強会に呼んでいただきました。この二人が勉強会をしているというのもすごい事です。筆と硯を使ってプログラミングの勉強をするようなものです。 その会に姉 …

no image

大須という町は上野と浅草と秋葉原を足して台湾でかき混ぜたような町だ②

 大須にもアメ横があります。あら?ここは上野だったかしらという心持ちになります。 そうかと思うと このアーケードがなんとも浅草の雰囲気があるのです、近くには浅草寺ならぬ大須観音もありますし。観光地+ア …

no image

花いち兄さん奇天烈列伝

  前座時分に落語会に行くと、余ったお弁当をいただけることがあります。ただ前座の間は師匠宅でご飯をいただいていたので、食べ切ることができません。そこで、私は二つ目になっていた花いち兄さんに届けてました …

no image

1のつく日にする事

私達は1の付く日の事を初日と呼びます。寄席が10日間興行なので、1の付く日は興行が入れ替わり初日を迎えるからです。月に3回初日は訪れます。つまり1日11日21日です。31日は1が付きますが初日とは呼ば …

落語入門 はてなの落語

出演情報