楽屋噺

先輩の陰口を叩いてたらやさしい天罰をくらった北海道

投稿日:2021年2月3日 更新日:

  2~3年前に北海道に二つ目5~6人で行くお仕事がありました。一番先輩が一蔵兄さんでした。一蔵兄さんをご存知の方はジャイアンみたいな人だと思ってるかもしれませんが、本当はとても繊細な心を持った人です。繊細ジャイアンです。

 その日仕事を終えた我々は北海道で有名な六花亭が経営しているお洒落な喫茶店でお茶をいただいてました。後輩の一人が携帯を見ながら

あれ?NHKの落語大会の決勝に市弥兄さんと小辰兄さんが進んだらしいですよ!

市弥兄さんと小辰兄さんというのは一蔵兄さんの同期二人です。つまり同期の中で一蔵兄さんだけ決勝に進めなかった訳です。一蔵兄さんはそれを聞いて、何も言わずにスッと席を立ちました。性格の悪い私はすかさず

一蔵兄さん、きっとトイレで泣いてるんだよ!

とみんなに嘯きました。しばらくすると一蔵兄さんが喫茶店の店員さんを3~4人引き連れて、席に戻ってきました。

ハッピーバースデートゥユー、ハッピーバースデーディア志ん松さーん!ハッピーバースデートゥユー!!!

その日はちょうど私の誕生日でした。一蔵兄さんはトイレで泣いていたのではなく、こっそりと店員さんにケーキを頼んでいてくれていたのです

 私のために内緒でケーキを用意してくれた先輩に対して、私はなんという口さがない事をしてしまったのか。自己嫌悪に陥りました。きっと来世は虫です。

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

no image

しあわせの話②馬鹿寄合酒

前座の大事な仕事の一つがネタ帳を書くことです。落語家はネタ帳を見てやるネタを決めるからです。二つ目などの若手は前座に気をつかい、高座にあがる前にネタを宣言してあがることがあります。前座は忙しいので、高 …

no image

牡蠣をごちそうになった話。

 師匠に美味しい牡蠣をご馳走になったことがあります。師匠が居酒屋で生牡蠣を頼んで下さって、店員さんがそれを大きな皿で運んできてくれました。 おいおい誰だよ、こんなに頼んだのは? 大きなお皿にのっていた …

披露目の写真館

左は頭が薄くなってるのを隠している志ん雀師匠です。右は幕をいただいたテアトルエコーさんの前で師匠と志ん雀師匠。 品の良いお坊さん!

no image

花いち兄さん奇天烈列伝④

10年前 志ん松君!僕面白くないよね?どうしたら面白くなるかな?どうしたら売れるかな? いやいや兄さんは面白いですよ!! 7年前 志ん松君!どうしたら面白くなれるかな?どうしたら売れるかな? いや分か …

披露目の写真 ~浅草編~

披露目 浅草編 一花は絵も上手です!「真面目に書き過ぎました」て言ってました。 左の写真は楽譜です。浅草の楽日志ん雀師匠はなぜか楽譜を持って高座にあがっていきました。真ん中はお行儀よく正座しているヤカ …