楽屋噺

先輩の陰口を叩いてたらやさしい天罰をくらった北海道

投稿日:2021年2月3日 更新日:

  2~3年前に北海道に二つ目5~6人で行くお仕事がありました。一番先輩が一蔵兄さんでした。一蔵兄さんをご存知の方はジャイアンみたいな人だと思ってるかもしれませんが、本当はとても繊細な心を持った人です。繊細ジャイアンです。

 その日仕事を終えた我々は北海道で有名な六花亭が経営しているお洒落な喫茶店でお茶をいただいてました。後輩の一人が携帯を見ながら

あれ?NHKの落語大会の決勝に市弥兄さんと小辰兄さんが進んだらしいですよ!

市弥兄さんと小辰兄さんというのは一蔵兄さんの同期二人です。つまり同期の中で一蔵兄さんだけ決勝に進めなかった訳です。一蔵兄さんはそれを聞いて、何も言わずにスッと席を立ちました。性格の悪い私はすかさず

一蔵兄さん、きっとトイレで泣いてるんだよ!

とみんなに嘯きました。しばらくすると一蔵兄さんが喫茶店の店員さんを3~4人引き連れて、席に戻ってきました。

ハッピーバースデートゥユー、ハッピーバースデーディア志ん松さーん!ハッピーバースデートゥユー!!!

その日はちょうど私の誕生日でした。一蔵兄さんはトイレで泣いていたのではなく、こっそりと店員さんにケーキを頼んでいてくれていたのです

 私のために内緒でケーキを用意してくれた先輩に対して、私はなんという口さがない事をしてしまったのか。自己嫌悪に陥りました。きっと来世は虫です。

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

no image

噺家の言う事を信じるな

楽屋内の有名な話があります。私の師匠志ん橋と、ある前座との会話です。高座を終えた師匠が前座に 上着とっておくれ わかりました! なぜかおもてに駆け出す前座。15分後出前が届き お待たせしました、鰻です …

no image

こんなの落語じゃない!

 「歩く現代アート」こと桂しん乃姉さんの話ですが、姉さんの落語は常人には到達できないところにあります。姉さんの落語を初めて聞く方は面食らうことを請け合います。古典至上主義おじさんとかは烈火のごとく「こ …

披露目大初日の写真

披露目の写真をばらまいていく! 幟です。鈴本演芸場は3本かざれます。 大初日、志ん雀師匠はおろしたての着物にて登場。 トリの高座をおさめようとする撮り鉄!口上前の志ん雀師匠。 後ろ幕は雀は五羽、一羽一 …

no image

寄席の恐ろしい風習

 寄席には恐ろしい風習があります。噺家はいつ寄席に入るか知らないのです。寄席や落語協会から「この日寄席は入れますか?」というような連絡は一切ないのです。決定事項として顔付けが送られてくるのです。当然入 …

大初日は着物で来るスタイルの志ん雀師匠

左は大初日をおろしたての着物で来た志ん雀師匠、後ろに極道が写ってます。右は披露目の笛を卒業して、未練がある志ん雀師匠。 大初日の口上は白酒師匠、正蔵師匠、志ん橋、馬風師匠、市馬師匠でした! 皆で拍手で …