楽屋噺

しあわせの話。

投稿日:2021年1月16日 更新日:

しあわせになれる方法の話ではないです。しあわせという人の話です。「しあわせ」という名前の前座がいたのです。彼は大変に愉快な人だったのですが、噺家は廃業いたしております。彼とは前座時分に色んな思い出がありますが、何気ない事を覚えてるものです。

私たちは真打の披露目があると寄席に後ろ幕という大きな幕をかけます。これは前座の役目です。その日はしあわせと一緒に幕をかけていました、しあわせが脚立にのって幕をかけようとすると脚立がグラグラと揺れました。それに合わせて落ちないように、しあわせが体をくねくね揺らしました。そして落ちました。

落ちた時の音が

ビターン!!

紛れもなく「ビターン!!」だったんです。それしか表現できない音です。生まれてはじめて聞いた音でした。そういうふとした事を覚えてるものですね。幸いにも彼にはケガはありませんでした(しあわせだけにね)。

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

漫画家に見初められた話

 前座時代24歳~29歳の5年間というのは、師匠宅と寄席と自宅を往復の毎日でした。寄席以外にもたまに「わき」の仕事があります。「わき」の仕事というのは、寄席ではなく落語会に前座として働きに行くことです …

自粛で血迷ったか

自粛期間が長引き、何だか様子のおかしい噺家仲間が増えてまいりました。多くの仲間は落語の配信をしたり、ラジオを発信したり、Twitterをやったりしてます。そんな中、違う山に登り始めた愛すべき方々を紹介 …

中国から帰ってきた後輩の話。

 二つ目になって早々、中国を半年間旅した後輩の話です。彼は無事に帰国し、中国の経験を面白おかしく漫談に仕立て上げ「中国漫遊記」として高座で披露し、好評を得ていました。その時分に妙なことを口走るようにな …

ふう丈近い近い近い!!

三遊亭ふう丈という後輩は人との距離感がわからない人間です。精神的にも物理的にも、距離感が近いのです。広い楽屋で二人しかいないのに、隣に膝つき合わせて座ったりします。あれ?ここってお茶室かなって思うほど …

先輩の陰口を叩いてたらやさしい天罰をくらった北海道

  2~3年前に北海道に二つ目5~6人で行くお仕事がありました。一番先輩が一蔵兄さんでした。一蔵兄さんをご存知の方はジャイアンみたいな人だと思ってるかもしれませんが、本当はとても繊細な心を持った人です …

落語入門 はてなの落語

出演情報