楽屋噺

しあわせの話。

投稿日:2021年1月16日 更新日:

しあわせになれる方法の話ではないです。しあわせという人の話です。「しあわせ」という名前の前座がいたのです。彼は大変に愉快な人だったのですが、噺家は廃業いたしております。彼とは前座時分に色んな思い出がありますが、何気ない事を覚えてるものです。

私たちは真打の披露目があると寄席に後ろ幕という大きな幕をかけます。これは前座の役目です。その日はしあわせと一緒に幕をかけていました、しあわせが脚立にのって幕をかけようとすると脚立がグラグラと揺れました。それに合わせて落ちないように、しあわせが体をくねくね揺らしました。そして落ちました。

落ちた時の音が

ビターン!!

紛れもなく「ビターン!!」だったんです。それしか表現できない音です。生まれてはじめて聞いた音でした。そういうふとした事を覚えてるものですね。幸いにも彼にはケガはありませんでした(しあわせだけにね)。

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

no image

高座でのハプニング処理

 高座では色んな事が起こります。毎日、色んなお客様がおいでになるので当然といば当然ですが。予期せぬことも、もちろん起こります。そういう時の対処法は二つです。1無視する、2対応する。この二つです。たいて …

no image

しあわせの話③

 廃業した、しあわせという名前の後輩の話です。前座の一番大事な仕事はお後の師匠にネタを伝えることだと思います。前の人のネタが分からないと、自分のやるネタが決められないからです。主にネタ帳に書いてお伝え …

no image

花いち兄さん奇天烈列伝

  前座時分に落語会に行くと、余ったお弁当をいただけることがあります。ただ前座の間は師匠宅でご飯をいただいていたので、食べ切ることができません。そこで、私は二つ目になっていた花いち兄さんに届けてました …

no image

歩く現代アートは着物で歩く

先日歩く現代アートこと桂しん乃姉さんと花いち兄さんの勉強会に呼んでいただきました。この二人が勉強会をしているというのもすごい事です。筆と硯を使ってプログラミングの勉強をするようなものです。 その会に姉 …

no image

師匠宅の皿を割ると起こる事

前座時代に師匠宅のお皿を割ってしまったことがあります。やってしまったと思い、師匠に報告しました。 すいません師匠、お皿を割ってしまいました!! てっきり怒られると思いましたが、師匠はニコニコしておりま …

落語入門 はてなの落語

出演情報