楽屋噺

しあわせの話②馬鹿寄合酒

投稿日:2021年1月21日 更新日:

前座の大事な仕事の一つがネタ帳を書くことです。落語家はネタ帳を見てやるネタを決めるからです。二つ目などの若手は前座に気をつかい、高座にあがる前にネタを宣言してあがることがあります。前座は忙しいので、高座を聴かずにすぐさまネタ帳を書くことができるのはあがたいことです。

ある日のこと、二つ目が高座にあがる前に前座のしあわせに

『ん廻し』か『寄合酒』やるよ!

了解です!

しあわせがネタ帳を書いてお後の師匠に

お後お願いします!

何これ?新作?馬鹿寄合酒?ばかよりあいざけ?

いえ、うましか寄合酒です!!

そんなネタはないです!しあわせの思考回路を解説しましょう。

「ん廻しか寄合酒やるよ」→うましか寄合酒か→漢字で書こう→馬鹿寄合酒→「ばかよりあいざけ?」→「いえ、うましか寄合酒と読みます」

彼は落語家をやめるべきではなかったです!!

-楽屋噺

執筆者:

関連記事

no image

ほぼ絶句

 昨日の同期の配信勉強会で崇徳院をやったのですが、途中で崇徳院様のお歌が出てきませんでした。なんとか誤魔化そうと必死になっていると、カメラ越しに座っていた始が口パクで伝えてくれようとしてくれてました。 …

no image

花いち兄さんの幻の名前:なんで喜んでくれないの?

 youtubeであげたのですが、花いち兄さんの真打の名前が決まりました。「柳家花いち」のまま真打になるとのことです。その前に一旦決まりかけた「柳家花いちっ」という小さい「つ」が入った名前がありました …

no image

中国から帰ってきた後輩の話。

 二つ目になって早々、中国を半年間旅した後輩の話です。彼は無事に帰国し、中国の経験を面白おかしく漫談に仕立て上げ「中国漫遊記」として高座で披露し、好評を得ていました。その時分に妙なことを口走るようにな …

no image

落語界のときわ荘

柳家花いち、古今亭志ん松、入船亭遊京の3人が前座時代に住んでいたアパートを『落語界のときわ荘』と呼んでいます。自分達で。風呂なし、トイレ共同、家賃2万8千円。本物のときわ荘と違うのは誰も有名になってい …

花いち兄さんの衝撃的くすぐり

 花いち兄さんの鈴本演芸場の初日は「宿へゴースト」という新作落語でした。私は何度も聞かせてもらっているのですが、今まで気が付かなかった衝撃的なくすぐり(ギャグ)がありました。 よく古典落語では場面転換 …