日記

お後がよろしいようで

投稿日:

「お後がよろしいようで」の使い方が気になりますよ!!私は話し言葉なんて、いい加減に使えばよいと思っている人間ですが(噺家の言う台詞ではない)「お後がよろしいようで」は引っかかるのです。

 本来は噺家が「お後の方の準備がよろしいようで、私は引っ込みますよ」という意味だと思います。ところが、何かおもしろい事言ったり、場が盛り上がった後に言う場面が見受けられます。

お後が出てこないな!!

と思ってしまうのです。「お後」は人間を指すのです。考えてみると「お前」も人の事ですね。「お仲間」も人ですし、「お上」も人ですね。「お下」だけはない所が、日本人の奥ゆかしい所ですね。お後がよろしいようで!!!

-日記

執筆者:

関連記事

『お肉屋さんが作ったジャーキー』

 最悪です…。間違えてブログの写真を大量に削除してしまいました。写真頼みで書いていたので「訳がわからないよ」というブログばかりになってしまいました。悲しいです…。 さぁ!という訳で私の好物を紹介します …

no image

古今亭を知ってもらおう最終回

 去年の4月から始めた「古今亭を知ってもらおう」が最終回を迎えました。まだまだ出て頂きたい師匠もいたのですが、予算の関係もあり一旦終了といたします。何も分からずに手探りで始めた回でしたが、出演してくれ …

no image

だけど応援してるから!

言いたい放題言って最後に「だけど応援してますから」でチャラにしようとする人いますよね。チャラになってませんよ!そりゃあ好きなこと言って構いませんし、応援をしてくれるというのは大変に嬉しい事ですが。爆撃 …

ありえない寝言シリーズ②

カミさんのありえない寝言蒐集家の古今亭志ん松でございます。いずれ学会に発表します。 ヨーグルトが陣地に入ってきた。が! そりゃ大変だ!まさかヨーグルトが陣地に入ってくるとは…。「が!」というのは逆説で …

no image

「てしかが」の思い出

 私達は地方の仕事を「旅」と呼びます。たとえ、すぐに帰るような仕事でも「旅」と言います。もう今やコロナでめっきりなくなってしまいましたが。日本中行かせていただきました、北海道にも行ったことがあります。 …