日記

「てしかが」の思い出

投稿日:2021年9月3日 更新日:

 私達は地方の仕事を「旅」と呼びます。たとえ、すぐに帰るような仕事でも「旅」と言います。もう今やコロナでめっきりなくなってしまいましたが。日本中行かせていただきました、北海道にも行ったことがあります。場所は「てしかが」です。「てしかが」て漢字でどう書くかご存知でしょうか?

「弟子屈」と書きます。

連れて行って下さった師匠と

弟子が屈するかぁ。あまり噺家が来たくない地名だね~

本当ですね~

今はなき旅の思い出、「弟子屈」の思い出です。

-日記

執筆者:

関連記事

奄美大島は人間が住んでいい土地ではない

 先日初めて奄美大島というところに行きました。学校寄席の前のりで前日に到着したんですが、人生の中で一番美しい土地でした。奄美空港に降り立ったら、20℃以上あると聞いていたので思ってたより暑くないと感じ …

no image

落語配信の功罪

落語の配信を始めて2カ月くらいになるので、良い点悪い点を考えて見ました。 お客様視点の良い点 家で楽しめる飲食自由変な席にあたらない(客席ガチャなし)無料が多いアーカイブがあれば、いつでも見られるチャ …

玉の輔師匠に教わった方法で帯を自分で修理しようの巻(帯だけに)

  大概の帯は袋状になっていて、片側が縫い目になっています。繰り返し使うとこの縫い目がほつれてきます。 このようにほつれてきます。帯源の帯は高いだけにこれはもう絶望です、もちろん帯源さんに修理に出すの …

仕事終わりにちゃっかり七年に一度の善光寺御開帳に行ってきた

6/5に長野県ホクト文化ホールにて落語会をやらせていただきました。大変に陽気の良い日曜日にもかかわらず、たくさんのお客様においでいただきました! 立派な高座をつくっていただき、大きなポスターで宣伝して …

アイスクリンの季節

 ようやく陽気が暖かくなってまいりましたね。あたたかくって言い難いですよね。極力高座では言わないようにしてます。もうアイスクリンの季節です。  落語『かんしゃく』に出てくるアイスクリンが出てきますが、 …