日記

「てしかが」の思い出

投稿日:2021年9月3日 更新日:

 私達は地方の仕事を「旅」と呼びます。たとえ、すぐに帰るような仕事でも「旅」と言います。もう今やコロナでめっきりなくなってしまいましたが。日本中行かせていただきました、北海道にも行ったことがあります。場所は「てしかが」です。「てしかが」て漢字でどう書くかご存知でしょうか?

「弟子屈」と書きます。

連れて行って下さった師匠と

弟子が屈するかぁ。あまり噺家が来たくない地名だね~

本当ですね~

今はなき旅の思い出、「弟子屈」の思い出です。

-日記

執筆者:

関連記事

no image

だけど応援してるから!

言いたい放題言って最後に「だけど応援してますから」でチャラにしようとする人いますよね。チャラになってませんよ!そりゃあ好きなこと言って構いませんし、応援をしてくれるというのは大変に嬉しい事ですが。爆撃 …

ありえない寝言シリーズ②

カミさんのありえない寝言蒐集家の古今亭志ん松でございます。いずれ学会に発表します。 ヨーグルトが陣地に入ってきた!が! そりゃ大変だ!まさかヨーグルトが陣地に入ってくるとは…。戦っている相手はプリンで …

母の呪い

私の母は本の虫です。時間さえあれば本を読んでいます。さぞかし知識豊富だろうなと思うかもしれませんが、残念なことに母には呪いがかけられおります。読んだ物を端から忘れるという、呪いを。鳥は三歩歩くと忘れる …

『お肉屋さんが作ったジャーキー』

 最悪です…。間違えてブログの写真を大量に削除してしまいました。写真頼みで書いていたので「訳がわからないよ」というブログばかりになってしまいました。悲しいです…。 さぁ!という訳で私の好物を紹介します …

no image

帯源の帯

東京の噺家が良く使っている帯があります。浅草にある「帯源」というお店の帯です。ほとんどの噺家が使っていると言っても過言ではない帯です。皆が愛用する理由がいくつかありまして、まず高級感というか重厚な感じ …